旅の空から
ラインライン

ジンバブエ(2005年)
★ジンバブエ大使館
★外務省サイト「ジンバブエ」

2005年09月16日(金)晴れ、25℃
ヴィクトリア・フォールズケープタウン(南アフリカ)

今朝も早く目が覚めた。寒いのでバスローブを着て、バルコニーで朝陽の昇るのを待つ。6時15分頃にザンベジの方から上るオレンジ色の朝陽を見た。出発まで時間もあったので、レセプションとは逆の方へ行ってみる。エレヴェーターが見えたので、それに乗ってガーデンへ出ようと思った。エレヴェーターは最初から開いていた。乗ろうとすると10cmほど上がっている。嫌な予感は当たり、G階を押すが動かない。すでにボタンを押した瞬間にドアは閉まっている。各階を全部押してみる。まったく動かない・・・アラームのボタンはあるが押しても変化が何もない。高鳴る鼓動、パニックになりそうな自分。あ〜こんな人が通らない所で閉じ込められるなんて・・・出発の時に発見されるのだろうか。それまで私は生きているのだろうかなどと弱気になっていたら、グググ〜ッとドアが開いた。う〜神様、ありがとう〜・・・まったく作動していないエレヴェーターだったようだ。もうこれから2度と一人でこんなエレヴェーターには乗らないと心に誓う。階段で下りて、ガーデンへ出た。可愛いいたずらおサルさんがまたレストランの中を覗いている。プールは2つあった。プールサイドのパラソルも開かれ、プール掃除の人が気さくに声をかけて来た。スタッフが多いこのホテル。ちょうど宿泊者が少ない時に来たようで、皆が顔を覚えててくれたが、もうお別れだ。まだ時間もあったので、ビジネスセンターへPCを持ち込んで繋いでみた。ダイヤル・アップのために速度も遅くイライラするが初アクセスに成功。30分で8ドルは高いと思う。9時20分の出発にいつものように遅刻する先生方。道端のお店に立ち寄るために早く出発を設定したのだが・・・案の定、SHOPでも「もうちょっともうちょっと〜」と時間がどんどん過ぎて行った。実は7年前にキリンを買ったのはここ。そのお話をしたら、「是非寄りたい」と言われていたのだ。あの時は行く時から私はきりんを買って帰るつもりだったので、あちこちで値段チェックを忘れなかった。そして、ここに無理やり止めてもらい、1体30ドルと言うのを「じゃ〜私も」と言う叔母やKさん、他の1組のご夫婦で4体をなんと・・・30ドルにしてしまった。それが一番印象深い思い出になっている。その時は2度と来ないと思っていた場所に、またやって来ていた。韓国人の先生が1体30ドルと言われていたが、最後の最後10ドルでお買い上げになっていた。皆さん値切り方も本当に上手になっている。私もお声をかけたが、流石にあの穏やかなサムさんもとうとう車から降りて来て「もう行くよ!」と言うほど皆さんお買い物に夢中になっていらした。旅の楽しみの一つでもあるお買い物が大好きな先生ばかりが揃ったようだ。わいわい冷やかして楽しいお買い物が出来たようだ。小さな国際空港でチェックイン。出国カードはグループで1枚でいいと言いながら、カウンターの方が親切に書いて下さった!よく見ると我々が最後のお客だったわけで、乗り遅れると困ると思ってのことだったかもしれない。国際線で飛ぶのに、グループは通常は2時間前なのに、1時間を切ってのチェックイン。税関で1mくらいの大きなキリンを先ほどの露店で購入の方が「これはカウンターで預けなさい」と言われてしまい、また戻って行った。首が折れたらカワイソウと思ったが仕方がない。カウンターでいただいた時に気が付いていたのだが、やはり乗ってみたら全員ビジネスクラスだった。遅くチェックインしたので、残った席を我々にくれたのか、チケットを手配会社のスタッフへ預けて行ったので、そうなったのか・・・。出発前に機内で検疫官が殺虫剤をガンガン撒き散らし、気分が悪くなりそうだった。その後は広くて快適な空の旅となった。「ビジネスクラスはいいわね〜」大はしゃぎの先生方。美味しいサンドイッチがサービスされ、1時間半で大都会のヨハネスブル空港に到着した。この続きは「南アフリカ2005年」へ。
ホテルのプール 滝の水煙
昨日よりは高く広く・・・
部屋からの望遠
ホテルガーデンに
咲いていた花
ゴルフ・コース 7時過ぎには
一人でプレイする男性を見る
レストランからの眺め
ザンビアが見える
道路沿いのみやげ物小屋
7年前に1mほどのきりんの
置物を買った
掘建て小屋の内部
思いっきり値切ること

時には買わない振りも・・・
ゆうべのダンスにはこの
人種は出て来なかった
7年前に大興奮した部族
お土産屋さんの
外の休憩室
英語ガイドの親切なサムさん
とは空港でお別れ
ヴィクトリア・フォールズ空港
ゲートは1個のみで国際線!
南アフリカ航空の前で




2005年09月15日(木)晴れ、30℃
ヴィクトリア・フォールズボツワナ(チョベ国立公園)ヴィクトリア・フォールズ

6時15分に目覚めると外が明るい。もしやとベッドから目を窓へ移すと正面には空をピンクの染める朝日が昇っていた。飛び来てシャッターを切る。今日はサファリ体験をする日。初ボツワナ入国だ。ひんやり冷たい風が吹くレストランで朝食。おさるさんが大きく開いた窓から入って来て、テーブルのシュガーを素早く盗って行ったのには目が丸くなった。やはり早起きは三文の徳だわ〜っと思いながら、一人で喜ぶ。それを見てウェートレスさんたちも笑う。清々しい朝の朝食後、7時半の出発だ。「皆さ〜ん、外国旅行します。パスポートはお持ちですか〜?」約1時間強のドライブで国境。運転しながらサムさんが「エレファント」と指をさす。痩せた象がいた。サムさんの話だと病気でもうすぐ死ぬかもしれないから一人になったと言う。きれいな鳥も車を止めて見せてくれた。また象がいたが、木々の間をよ〜く見るとたくさんの象が列を作って歩いていた。その数は30頭くらいだっただろうか。国境までの乾燥しきった広大なサバンナを走る。「森だと思っていた。こんな所に動物がいるの?」 国境にて、ジンバブエの出国手続きはのんびりした雰囲気の中で終わった。ガイドのサムさんとはここで一旦お別れする。この後は「旅の空からボツワナ2005年」へ。
スリルもあって楽しかったボツワナのチョベ国立公園のサファリ。16時半にジンバブエに再入国して、サムさんと再会。そのままホテルを目指し、ミニバスはサバンナをまっすぐ伸びる道路を走る。サルやいのしし、ホロホロ鳥が飛び出しては驚いて逃げて行く。見渡す限り乾燥し赤茶けた大地。昨日、行く予定だったBig treeへ寄ってもらった。夕陽を受けてオレンジ色のバオバブの木が柵に囲まれて立っていた。向こうにはお月さんが見える。7年前にはなかった保護柵が悲しいが、観光客も増えたのだろう。横の細い木の枝に鳥の巣が下がっている光景は面白い。下へ行ってみたら、巣へ入る穴は斜め下に付いていた。どうして1本の木にばかり巣が出来るのか不思議。
ホテルのゲートを過ぎると今日はおさるさんファミリーが向かえてくれた。シャワーを浴びて、少し休憩し、食事に出かけた。BOMAレストランと言うディナー・ショー・レストラン。たくさんのバスや車が来ていた。案内された内部は広くテーブルがたくさん並べてあった。何かを焼いていたが目に入らずにテーブルを目指して進む。着席するとすぐにドリンクのオーダー後、白いお皿がサービスされた。「左は魚、右はワニです」に目が丸くなりじっと右側の白い物を見つめる皆さん。食事はブッフェ形式で、生肉が置いてあるので、指差して焼いていただく。せっかくだからと皆で全部少しづつお皿においてもらった。ブッフェ・ラインの中央へ進むと何やら壷に入った物が並べてある。私はもうこれ以上はいらないと思って席へ戻っていた。どのお肉も美味しかったが、いのししが一番柔らかくて美味しいと評判だった。先生の中でリーガー格の方が「イモムシかじったら証明書をいただいちゃったわ〜」とおっしゃっている。「え〜〜〜っ、イモムシですか〜?」とお皿を覗く皆さん!「どんなお味?」「香ばしいよ」・・・証明書がほしいのでチャレンジした先生方が半分。私も食後に行くつもりにしていたが、食事が終わる頃に、一人1個ボンゴを持たされた。すでに食事中にはズールー族のダンスが始まっていた。それからレストラン全員でボンゴ大会が始まった。コックさんもスタッフも叩く。観光客はみんなうまく叩けなくて、ダメ出しされては大笑い。私は手のひら半分でたたくのはわかっていたが、リズム感の無さにかなりショックを受けた。何度か全員で音出しの練習をさせられた。練習しているうちにみんなまとまって来る。最後は全員で叩いて興奮の坩堝に・・・、この会場の一体感が楽しくて仕方ない。手が痛くなるくらい叩いて叩いて・・・発狂寸前の私達!途中で抜けて私は占い師の所へ行った。イスでは2人が順番待ちをしていたので、諦めてイモムシの方へ行ってみた。証明書はほしいけど・・・食べるのは無理があるなどと悩んでいると「あ〜楽しかったぁ〜」と笑いながら皆さんがいらしたのでそのまま帰って来た。芋虫試食証明書写真だけは撮影させていただいた。今日も充実したいい1日だった。
朝陽を受けるザンベジ川
お部屋のバルコニーより
ボツワナの帰りに立ち寄った
スーパーマーケットSPAR
1kgの石鹸塊の棚
カットして使用
Big Tree、1500歳の
バオバブの木
BOMA レストラン
ブッフェ・ライン
いのししの肉 ダチョウの肉 クドゥーの肉
ペンチで挟んで
「はい、どうぞ〜」
左はグリーン・フィッシュ
右はワニ!

淡白なお味
ミンメイのお皿
全種類のお肉とライス、他

いのししが美味しかった
イモムシ試食証明書
ちょっとだけかじらないと
発行してもらえない
テーブルを回って来た
ダンサー
ボンゴを叩いて演奏中
その間に全員に1個ボンゴ
が配られる
レストランにいるお客様
全員でボンゴを叩く♪
手の平が痛くなるが楽しい
コックさん達も参加!
大盛り上がりのレストラン




2005年09月14日(水)晴れ、30℃
9/13日本〜香港〜9/14ヨハネスブルグ〜ヴィクトリア・フォールズ

今回は19日から南アフリカのダーバンで開催される「国際栄養学会」ご出席の大学の教授やドクターに同行する。成田空港にはお一人の先生と待ち合わていた。他の先生方は関空から5名様ご出発で乗り継ぎの香港で合流。後日から3名様合流し、学会だけご出席のお一人の先生もいらっしゃる。最低15名様より催行のツアーのため、大赤字だと嘆く営業担当者。ラッキーなのはお客様とT/Cの私。成田空港では意外と忙しくていつものYahooへ寄れずに、携帯で掲示板へ書き込み出発した。久々のANAで快適な空の旅4時間で香港に到着。こちらからサウス・アフリカン航空に乗り継ぐ。香港は新空港になってからは初めてかもしれないなどと思いながら、遠い乗り継ぎカウンターを目指す。搭乗券を最終目的地のヴィクトリア・フォールズまで出してもらい、時間を気にしながらゲートへと急ぐ。すぐにヨハネスブルグ行きの搭乗が始まり、5名の先生方と会えた。皆様香港で時間に余裕があったため、ショピングを楽しまれたご様子で笑顔だった。出発前からいろいろと手配や連絡漏れでご立腹と聞いていたが、ほっとする。これから13時間半のフライトだ。どんなに長いかと思っていたが、食後に映画鑑賞し、4時間ほどは眠ることが出来た。南アフリカ航空機内では隣が空いていたので、気分的にも楽で資料を読んだり手配確認の仕事も捗った。
遠い南アフリカのヨハネスブルグ空港に朝6時半に到着。ドアーが開くとひんやりした空気が入って来た。まだ冬が終わったばかりなのを思い出す。バスでビルまで移動後、国際線の乗り継ぎへと進む。時間があったので、念のためにトランジット・カウンターで預けた荷物のチェックと座席の調整をする。手荷物のセキュリティー・チェックを受けた後、ゲート前集合として解散とした。ここで注意しなくてはいけないのは、両替の手数料が1回で15ドルも徴収されてしまうこと!10000円くらいを両替したら、8500円分しか現地通貨が戻ってこないことになる。皆さんでまとめて両替をすることをおすすめした。SHOPはアフリカン・グッズがいっぱいで楽しい。キャンドルまでアフリカンだ。国花のプロテアのブーケもある。7年前に買ったキリンの木彫りもある。ここはかなり高いので下見だけにしていただき、最後帰国の時に不足分のお土産購入を提案。ヨハネスブルグから我々を乗せた飛行機はサバンナに影を映しながら飛んで行く。以前は左方向にヴィクトリアの滝の水煙が見えた。あの時は隣席のヨーロッパ人観光客が指をさして教えてくれ、「おぉ〜っ」と大感激。今回は水量が少ない時期だったからだろうか、何も見えない。10時半にヴィクトリア・フォールズ空港に到着した。国際線のはずなのに、小さな空港で皆さん驚く。急ぎ足でビルへ入ったのには理由がある。ジンバブエのヴィザをこの空港で取得しなくてはならない。のんびり外で写真など撮っていると列の最後になり1時間ほど並ぶことになる。個人客ならこんな情報はないので、「添乗員さん付きツアーで良かったぁ〜」と喜ばれて、エッヘンと胸を張りたい気持ちになる。そのくらいはしないと学会では何もしない(出来ない)から・・・。日本で打ち合わせした時現地手配会社の方が来ていたが、「ボツワナへも行くのでWエントリー・ヴィザで45ドルになります」と言われた。私の入手した最新情報ではボツワナへの短期観光後のジンバブエへの再入l国にははヴィザなしでOKだった。その場で係員さんに聞いてみる。やはりシングル・ヴィザの30ドルでOKとのこと。グループで購入も可能だが、長蛇の列から罵声を浴びた日本人T/Cさんがいたと聞いていたので、他の方々じように並んでいただき、VISA取得と入国。すでに床に置いてあったスーツケースに破損がないかを確認していただき、税関を通過して外へ出た。現地ガイドのサムさんがニコニコきれいな白い歯を見せてお迎えに来て下さっていた。日本人ガイドはいないので、全部が英語案内となる。空港から約30分でインターコンチのエレファント・ヒル・ホテルに到着。7年前とまったく変化無い外観。ゲートでは小さめのいのししファミリーが我々を迎えてくれた。ウェルカム・ドリンクをいただきながら広い広いロビーでは、見る物すべてに感激のご様子。オープンになっている窓からはプールやゴルフ場、林の向こうにはザンベジ川が見える。「川の向こうはザンビアですよ〜」「え〜っ」長旅のお疲れも見せずに大喜びして下さった。ランチ後、すぐに今回のハイライトの一つであるヴィクトリアの滝見学へ出発。先生方の中には「これで世界3大の滝、制覇だわ」とおっしゃって驚く。「私ね〜初海外旅行がブラジルだったの〜。だから、イグアスの滝ももう見ているのよ」「え〜っ、すっごぉ〜い」「先生のみなさ〜ん、ノリがまったく今時の学生さんしていますよ〜」で大笑い。滝は今日も前回のように大雨状態か逆にチョロチョロか聞いてみると、ちょうどいいよとサムさん。念のためにとナイアガラの滝の船「霧の乙女号」の青いカッパとユーロディズニーの黄色いミッキーマウスのカッパを持って来ていたので、先生方にお貸しした。自分は前回のようにずぶ濡れになったらなったで楽しいと思っている。最初にこの滝を1855年に発見したリビングストーンの像を見て、それから滝観光が始まった。まずは大地を揺るがすような大きな音がごーごーと聞えて来る方向へ。目の前に大量の水を一気に落としている滝が見える。上る水煙にかかる虹もきれいに見えていた。大自然の作り上げる迫力の大瀑布を前に立ち竦む皆さん。カメラはビニール袋に入れるかシャワーキャップに包んできていただいたので、霧になって振って来る水煙から濡れるのは防げる。舞い上がる水煙の霧は乾燥した肌には水分補給になり気持ちがいい。遊歩道は滝に沿ってきれいに整備されていた。場所によってはロープも何もない。自己責任で自分を守るしかないが、ガイドのサムさんの後を付いて行けば大丈夫。何故かどこでも人より先に行きたいお客様っていらっしゃる・・・今回も2名様がサムさんよりずっと前へ。いつものように見学に入る前に「サムさんと私の間でサンドイッチ状態で歩いて下さい」と言っているのに・・・。大声で「あのぉ〜すみませぇ〜ん、前を行かれるきれいな日本人のお二人さぁ〜ん、滝つぼに真逆さまに落ちますよぉ〜」と注意!振り向く二人の先生方に私のそばにいた皆さんが「あら〜、きれいなって言ったのにね〜」先へ行く先生は「だから振り向いたのよ〜」ときゃきゃっ大笑い。何とか出発前の聞いていた雰囲気とはまるっきり違いいい方々ばかりのようで安心した。滝は左から右方向へ展望台から角度を変えて眺めながら進んで行く。水量不足で滝がチョロチョロの部分もあった。乾季のため緑が少なく、水しぶきがかかる場所だけが青々としている。前回は4月で水量が異常に多く、台風の中を歩いているようで、カッパがあっても横から下からの水しぶきで全身ずぶ濡れになった。外人さんたちはみんな最初から覚悟して水着とビーチサンダルで歩いていた。あれはあれでとても楽しかった。そして、すぐに衣服が乾燥したのも日本ではとても経験できないことだったと思う。滝の見学は最後は国境の鉄橋で終わった。そこではバンジージャンプが出来るが、「100ドル近く払って一瞬で終わるのだったら、ヘリコプターの90ドルがいいね〜」などと話ながら出口を目指す。ザンベジ川のサンセット・クルーズの出発時間はとっくに過ぎていた・・・この曖昧な時間感覚が旅には必要だ。時間に追われたくない。それを管理するのが我々の仕事だが、こんな大自然を前に「時間ですから、急いで下さい」なんて言いたくはない。川へ行くとすでにたくさんの船がゆらゆら浮かんでいた。我々は賑やかなイタリア〜ノと他に日本人の若い女性二人と同じ船で、30人くらい乗船していた。船は双胴船の平らな床で屋根も簡単に取り付けてある。そこにイスとテーブルが並ぶ。BARカウンターがあり、ドリンクは飲み放題。そのうちおつまみもサービスされる。ウィンナー、ポテトチップス、焼き豚の串さしなど・・・。まるで野外ビヤガーデン。16時半過ぎに出たボートは緩やかな流れを上流へと進む。目のいいスタッフがあちこち動物のいる方へとボートを移動してくれ、マイクで説明がある。簡単な日本語は知っていて「カバ、ワニ」などと言っては私達を喜ばせてくれた。たまたまカバがあくびをしたのを素早くシャッターを押した私(~o~)v普通は目と耳だけを出しているので、流木のようにも見えるカバ。島に小ワニもいたが、たくさんの種類の鳥が生息しているのがわかった。前回、動物は何も見ずにサンセットだけを見た記憶があるので、今回は本当に充実していたと思う。夕陽はザンベジ川をキラキラ照らしながら、どんどん色を変え下へ下へと移動して行く。真っ赤な光がジンバブエに落ちたのが18時20分頃。いつまでも船に揺られていたかった。きっとそのまま色を変えて行く空を見あげていたら、1つ、2つと星が輝き出し、満天の星空になるのだろう。夕食後、ホテルの変化に気が付いた。カジノがなくなっていた。SHOPも嗜好が変わり、ただのお土産やさんとは違いスマートなアーティスト物が並んでいた。変わっていないのは親切なスタッフの笑顔。長い長い2日間が終わった・・
ヨハネスブルグ空港SHOP
約2時間時間があった
キャンドルもサファリ〜♪
きれいな空港でSHOPも多い
サウス・アフリカン航空
10時45分到着
ヴィクトリア・ボールズ空港
成田空港を出て、23時間!
エレファント・ヒル・ホテル クッションもサファリ〜! 広いロビーの一部 ランチはビーフjにしてみる
お部屋から見た滝方向
水煙が上がって
いる所がヴィクトリアの滝
滝へのゲート
資料館にもなっている
1855年に発見された
ヴィクトリアの滝
 リビング
ストーンの銅像の近く
落差108m
乾季の方が水量は多いが
音は良く轟いていた
虹をこんなに近くで見たこと
ないかもしれない

色がくっきりはっきり見える
滝の遊歩道
水量の多い時はここは大雨
のような状態になる
迫力ある滝
くっきりした7色の虹が
まるで絵葉書のよう

メイン・フォール
滝の最大幅は1700m

1億5000万年前から
削られた滝
レインボー・フォール
水量不足部分
滝の近くに咲く
ピンクの花
サンセット・クルーズに出発
16時半過ぎ
たくさんのボートが動物を
探して走る
イタリアンのグループと
一緒になったボート
ドリンク、おつまみあり
ヒッポがいた!
水に潜ったり、浮いたり
大あくびの瞬間を撮影に成功
ザンベジ川とザンビア
川に映る夕陽
グースが迎えてくれた
子ワニもいた
水辺の鳥の種類も
半端ではない
ザンベジ川のサンセット
18時15分頃
ホテルのゲート近くにいた
サルの親子
メインはポークをいただく
ホテルのメインダイニングにて

トップ 旅プラスAtoZ




SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO