TOPへ

旅の空から
ラインライン

チリ2009年

★この珍道中は、1/10、タヒチ島より始まっています。

2009年1月14・15(まさかの3泊)(水・木)晴れ、 27 ℃下から日記は 始っているから 下の日付から 読んでね♪
イースター島〜タヒチ島


ラノ・ララク (モアイ本体切出山)

「こんにちはぁ〜、日本から来たミンメイと申します」ぺこっm(__)m
「Oh!遠いところから、ようこそ♪」ぺこっm(__)m
イースター島でこのモアイと挨拶をしたかったの、夢が実現o(^▽^ )o
先にけんちゃんにやってもらおうとしたら、手を上げているだけ
「違うよぉ〜、こうやってお互いに、お辞儀するのよ♪」ぺこっm(__)m
「あっ、そっかぁ〜♪」ぺこっm(__)m

アフ・ハンガ・テエ(アフ・バイフ)
今日は最後の日
ホテルを9時半に出て来た
石がゴロゴロの足場の悪い遺跡ばかり
どこもビーチ・サンダルは危険

牛や馬の落し物もあるしね
モアイ像が海の方へ
うっぷしていた

プハ〜ッと起き出しそう
アフ・ピナフ こちらも、うっぷして
う〜ん、苦しそう(~_~;)

モアイ倒し戦争があったとか・・・?!
野生の馬?
たくさんいて、時には道路にも
駐車場の看板のモアイは木像
少ない木々は癒しだ!
ラノ・ララク 
モアイ像がポツポツ見えるが
400体以上あるとか・・・
ゴロゴロた〜くさんの
モアイ像たち
製作の目的は?!
本当は午後が撮影には最適
来てからわかった
お顔が陰になる
モアイ像はこの山で造られて
運ばれた

ここはモアイ製造だ
もう大興奮
大きさもいろいろ こんなに近くへ
行けるなんて、思わなかった
から嬉しいo(*^▽^*)o~♪
けんちゃんとあまりにも
興奮して写真撮影を
しているので、とっとと先へ
行く、J&Tちゃん
 
Jさんも写真パチパチ♪
ニョキニョキ生えているかのよう
お顔もいろいろで面白い♪
しかし、どうやって運ぶの?!
鼻が高くハンサムさん♪
 
たくさんのモアイ達が海を見つめて
いた、 何を思っているのか・・・
そして、そのまま道なりに進み・・
角を曲がると 意外にも、昨日朝陽で
浮かび上がったトンガリキのモアイ
達が見えて、思わず
「うわぁ〜、見えるんだぁ〜♪」
 近くからはまったくわからない
21.5mの巨大モアイ像
離れて見るとよくわかる(K)
   
帰りに「ねぇねぇ、お辞儀してぇ〜」
と、お願いしちゃった
Jさんおどけて♪
 Tちゃんもちゃ〜んと、ぺこり
礼儀正しい♪
けんちゃんは、ラノララクで
唯一正座したモアイ像と並んで
お座り
・・・お仕置きみたい(^m^
登山道を少し登り、火口へやって
来た  野生の馬の親子がいた。
火口湖には葦が生えていた

ここで解散とした・・・
解散の意味は、「勝手に
けんちゃんだけ行って来て!」
1人左の画像の火口内側へ行き
たくさんあるモアイを撮影
(K)
下より専用登山道あり
遠くには海が見える
フーフー登るお嬢様方
最後の日にここへまた来れたなんて♪
嬉しい・・・誰もがもう一度来たかった所
アフ・ナウナウの7体
SD消滅事件が無くても、もう一度
見たかった白砂のビーチ
モアイだけではなかった
イースター島の青い海♪
これからきれいな海を撮ろうと、
慌てて、白砂の坂で足を取られ、
顔からすってんころりん
レンズが出たままのデジカメに
砂が入り、撮影不可能に(T=T)
紫外線メーターボード、11が最高
しかし、今日も振り切って12と
太陽部分に書いてあった(><)
エンパナーダ
これは美味しかった

これからまたけんちゃん画像か
Jさんのカメラにて撮影
イースター島の空港 
1階建てのシンプルな建物
(K)
チリのポスター前で記念撮影(K)
この後の事件も知らず余裕♪
21時頃の空港待合室近くより
夕陽を浴びた機体が光っている
結局、この夜は搭乗時間21時半に
なっても搭乗案内がなく、
それから40分ほど経ち、アナウンスが
あった 実際の様子を聞きに行くと、
30分待ってくれたら、次のインフォメー
ションを流すと・・・
「これは飛ばないかも・・・」T/C達の
勘は当たった  「地元の人たち優先
で外へ出す」と、大声で言っている
しかし、英語の案内はなかった
それは逆にいいとばかりに、どんどん
進む我ら。何か言われても「英語では
案内がなかったから、わからな
かったの・・・」と、言えばいいのだから
そして、出国カードを返却してくれ、
パスポートの出国スタンプの上には
「失効」スタンプが押された

先に荷物の出て来たJ&Tちゃんが、
デスクにピタッと張り付く
こうなった時のいつもの我々の仕事だ
横入りしてくる人もいたりして、誰もが
我先にと押し寄せる
Tちゃん「4人一緒に!」と必死!
トランジットの人も入れ、搭乗者の200
人ほどが同じように動くのだから、
早くしないと最悪は寝袋に?!
HTLを割当てられ、20分ほど待ったが
「トランスファーがない」と、そこのホテ
ルのご主人が言ったのを聞いたJさん
「タクシーは?」に、そうするしかないと
思ったか、すぐに案内してくれた。

闇夜の中、どこへ連れて行かれたの
やら未だにわからないが、
タハイの先だったことは間違い無い
ホテル名も何も情報のないまま
そこで約6時間ほど過したことになる

メジャーな航空会社なら食事や
飲み物くらいは何か提供があるが、
まったくなし  ホテルのご主人へ
言っても、「何も聞いていない・・・」と。
液体物はセキュリティで捨てている
ので、皆ホテルのレストランで買って
いた。お二人も当然ながらビールを♪
お腹が空いていたが、オーダーしても
何時になるかわからないので、
食事はしないで、お菓子を食べて
休んだのが、25時半頃?!。
Jさん、Tちゃん、ありがとうね♪
1泊後、再び空港へ  
迎えが来たのが、6時15分頃で
まだ真っ暗  結局、宿泊地も
ホテル名も誰もわからなかった
今日は飛ばないと、Journeyさんも
けんちゃんも日本帰国が延びる
けんちゃんはその時は無職に
なっている(^m^)
(K)
やはり週2便ずつしかないタヒチと
イースター島へ行くのはかなりの
日数的な余裕と覚悟が必要
 それが
あったので、ずっとイースター島は
躊躇していたのもある
今回は帰国しても1週間はオフがまだ
あるので、私自身は
気持ちの上でも余裕があった
 




2009年1月13日(火)晴れ、 27 ℃
イースター島



07時半頃、アフ・トンガリキの15体のモアイ像の後方の海からの朝陽
ホテルとは全くの逆側のため、暗い道を約30分でやって来た。
朝は流石に寒かった・・・
★今日は朝からSDを変えて撮影したので、画像はすべて残っている♪

アフ・トンガリキのモアイ像の背中に、に海から昇る朝日があたる  寒い中、我慢のJ&Tちゃんゴメンネ!
毎回、同じような画像
何故にこうもたくさん撮影
したのか、不思議

トンガリキの後には、モアイの
石切り場山が朝陽を受けて、
オレンジ色に染まる
翌日のこの山からの風景も
素晴らしい♪
振り向くとモアイ像の影♪ 
「ねぇ〜、モアイの陰よぉ〜♪」
     
ホテルに戻って遅い朝食を取り、
後は朝が早かったのでフリータイム
ジッとはしていられないので、民芸館へ
 けんちゃん、民芸館にて、お土
産物色中 午後からはまた観光
再開  紫外線が強いので、
今日はみんな長袖でお出かけ
 トラックで朝市
どこでこんなお野菜が出来るのか
不思議!ほとんど畑などない
     
 葉書を出しに郵便局へ行く
ハガキ1枚に切手1ドル

(ペソの方が得)
(K)
郵便局で3種類のスタンプを
パスポートに押してくれる  1ドル

休憩していたTちゃんにもプレゼント♪
 モアイ・チョコは手作り品
素朴な懐かしいお味♪
5ドル
お高いのか安いのか・・・?!
同じ金額だけど、こちらが重い
きれいな海とモアイ像の
絵葉書と切手

投函したが、一体何日かかるやら
街の市場の奥 お土産屋さん(k)
入口には魚やお野菜が
並んでいた
木陰でゆっくり♪ お洒落なCafeや
Shopもあった ミニ・マーケット、
ネット屋さんもあった
 1時間3ドル
 
 アンデス・ニッポン・ツーリスト
オフィス 右隣のレストランでチョコ
予約出来る
LANオフィスより空港寄りの右側
(K)
 3名の日本人スタッフの方々
こちらのサイトで2年前から情報収集
出来たので、日本からお土産を持って
遊びに♪ 皆様とてもフレンドリー♪
カイ・マナ
こちらで上のモアイ・チョコは
予約販売1日余裕持ってね♪ 
 
レストランは日本語メニュー有
夕方から南のオロンゴへ行った
島の観光地は入場料が必要
しかし、販売はここだけ

このサインの下にオフィスあり
ここで1人10ドル支払う
本来はここがスタート地点?!

どこもチケットの確認をする人は
誰もいなかった・・・
吸い込まれそうな海の色
うっとり♪

順路に沿って、10ヶ所の
ポイントを巡る
各地の村の代表者の
集会になった場所?
鳥人儀式村
 5人以上はダメと書いた立看板
日本人なら「どうせ読めない」と
目もくれないかもしれない
(K)
ミラドール(展望台)より
火口の中を見る  けんちゃん
 「ゲッ、汚ったねぇ〜!」
プナ・パウ
ずっと上りかなぁ〜?!弱気になる
  
プカオ(モアイの帽子)切出山 
赤い帽子チョンマゲ?がごろごろ
説明プレートも見る気なし
暑いし、疲れがピークに
何か書いてあったので、
確認せずに写真撮ったら
道路標識を撮影したようだ
アフ・アキビ
このモアイ君たちだけが
海の方向を見ているらしい
疲れていたが、
一応カメラに収める
タハイ遺跡の中へ進む
奥にモアイたちが見える
プカオ(帽子)のモアイ君は
一人ぼっちで立っていた
目をむいて・・・あはっ(^O^)
親子に見えてしょうがない おっぱいがないから、パパ?! 遺跡にはお土産屋さんが
たまたまホテルで、アンデス・ニッポン
ツーリストの方とバッタリ♪
その時に伺った美味しくて安心料金
のおすすめレストラン
「メラヒ・ラア」へ 19時頃
 教会前の通りを海へ
まっすぐに降りて行き、海岸手前
の右角、2軒続きの同じレストラン
手前のきれいな1階建の方へ入った
 何を食べてもとても美味しくって、
大当たりo(*^▽^*)o〜♪
4人で3品注文で充分♪
カジキマグロ・ステーキ(ご飯が
意外にも美味しかった)、
左にピスチェ、エビのニンニク炒め
港の偽モアイ像くん
これでもまだ20時頃
亀の親子がビーチで遊んでいた
頭を出した一瞬をパチリ♪
サーファーがハンモックで
のんびり昼寝していた
20時45分頃にタハイへ
サンセットツアーの人たちや
観光客がいっぱい
み〜んな写真パチリ♪
夕陽の落ちる前後で、
約1時間は欲しい
プカオをかぶったモアイ像
南太平洋へ陽が落ちる瞬間
 
 オロンゴの岩に絵文字がは彫刻されている
鳥人伝説の内容!

ラノ・カウ山の火口より眺める
アフ・アキビの7体のモアイ 通常は島の中央(村など)を
見て立つが このモアイ像たちは海を見つめる
 
1960年復元
   
素朴な木作りの 看板が可愛い♪  初日にこんな写真は初モアイ像で嬉しくって、
いっぱい撮ったがすべて消滅(><)
   
 目があるモアイ象 逆行で暗くて残念  海岸のモアイは島の方を見て立つ
   
 夕食後、 2日目のタハイ遺跡にまた夕陽を眺めに行く 21時頃、結構寒いので上着は持つこと
牛や馬の落し物にも注意・・・サンダルは石もゴロゴロで避ける



2009年1月12日(月)晴れ、 27 ℃
パペーテ空港(タヒチ島)〜イースター島

 
ハンガロア村からすぐのタハイのモアイ像 夕陽 21時半頃
きれいなサンセットに感動、やっぱり来て良かったぁ〜♪
しかし、この画像も今はない(TーT)

実はこれは最後の日の撮影
イースター島で最初に感激したのがこの海o(*^▽^*)o~♪

★イースター島へ渡り、初日からの画像の入ったSDカードの画像が全て消滅(T-T)
あり得ない事件が起こったため、タヒチ島とイースター島の1月12日のページの画像だけが残った
これらの画像だけは、貼り付けてUPの準備しておいて良かった・・・それにしても大ショック(-_-;)

今日の小さめの写真提供はけんちゃん。他にも今回はあるので、(K)と記載
7時半、イースター島のマタベリ
空港に到着。大雨の後だったようで、
随分濡れていたが、他の日は
一回も振らなかった(*^_^*)
(K)
こちらが、マナバイ・ホテル
街の中心地でどこへでも徒歩OK

エアコンは付いているが、
使用料金がかかる
ただし、夜は涼しくいので不要
(K)
けんちゃんのお部屋
お嬢様3名はホテル側の間違い
メールで、2名分料金で
3BedRoomへ(^O^)/
TV、冷蔵庫、バスタブ付き
(K)
磁石も狂わせる石に
触って、パワーをもらう
J'&Tちゃんをパチリ♪
「あそこにも馬がいるよぉ〜♪
真っ青な空に
藍色の海、もう幸せo(*^▽^*)o~♪
子馬を連れた家族のようだ
乾燥した大地、どこで水を飲むのか・・・

不思議がいっぱい
イースター島唯一の和食屋「甲太郎」
すべてがこだわりの内容で、どれも
とっても美味しかった♪ しっかし、
私たちったら、初日から和食行く
かなぁ〜(^m^)  仕事柄、
私は毎日でも和食OKだけど♪ 
日本語本場仕込み?!でお上手♪
中田ヒデ氏や宮川大輔氏のイース
ター島訪問の録画を見ていたら、
1時間経っても、何一つ出て来な
い(~_~;)  21時になってしまったので、
けんちゃんと抜け出して、夕陽撮影へ
朝日と夕陽の時間は、どこでも
チェックを怠らない
実はSD写真が消滅のため、
これは二日目の夕陽の写真(~_~;)


の大きめの画像だけが残った
   
最初にやって来たのが、白砂のアナケナ海岸
モアイが立っているのも見えたが、このきれい
な海に大感激♪「わっ、海っo(*^▽^*)o~♪」
想像もしなかった澄んだきれいな海の感動も、
おさまってから、モアイ像の方へ・・・
私はモアイ像を見に来たはずなのに・・・ 
 
 何故かあまりドキドキ感のないまま、記念撮影
写真をたくさん見て行ったから?!
マチュピチュへ行った時と同じ感じ
・・・
 光のおへそと言われる石・・・アフ・テ・ピト・クラ
ペルーのプーノ4200mの丘でも同じように、
磁石が狂ってしまう石があったわ・・・
 
 アフ・トンガリキの入口のこのモアイ像は
日本にも来た・・・1970年の大阪万博の時らしい
 日本企業がチリ地震で倒れたモアイ像を起こしてくれた
ことで有名な所、流石にここではかなり感動♪
   
 乗っけてみてぇ〜♪と叫んで、腕を出してみる
Tちゃんが撮影!かなりお上手o(*^▽^*)o~♪
今日は無防備にみんな半そでシャツなどで
紫外線をバンバン受け、真っ赤に(~_~;)
 このモアイだけが、赤い帽子プカオをかぶっている
帽子は石切り場も本体とは違う

島には約1000体あるそうな・・・
一体どうやって運んだの?!
   
 和食屋「甲太郎」へ行き、オーダーの食事が、
中々出ないので、夕陽の時間にけんちゃんと、
飛び出し撮影して、また戻った
 プカオ帽子をかぶって立っているモアイ
上向きの白い目が入っていて、ちょっと怖いが
夕陽時のモアイのシルエットは最高にきれいだった♪
トップ 旅プラスAtoZ ○に愛のローマ字に
変えて送信♪

迷惑メール対策中

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO