TOPへ

旅の空から
ラインライン

フランス(2006年)
★2001年〜2002年のフランスはこちらへ。
★2003年までのフランス
★2004年フランス
★2005年フランス

2006年11月24日曇り、14℃
パリ

今日はご延泊の方々のうち5名様がモンサンミッシェルへお出かけになった。
ここまでのご協力にお礼をいい、お別れした。最後まで旅の無事をお祈りしたい。
8時には12名様をメトロでルーブル近くの大手旅行会社の現地ツアーオフィスへご案内。
そちらから「徒歩で行くルーブル博物館」へご参加。お別れして、昨日飲んだ「ヴェルレ」カフェの
通りを散策。かなりShopが変わってしまっていた。素敵なお店が並ぶこのサントノーレ通り。フォーブル・サントノーレほど豪華ではないけど、それなりのShopが続き、飽きない。

いつもお世話になっている
大手旅行会社のパリ現地
ツアーの集合場所
サントノーれ通り
素敵なShopが並ぶ
チョコレート屋さんも
ニューヨークにも
支店のあるチョコ屋さん
ウィンドーのチョコも
美味しそう
こちらも同じ通りに
サトン・ド・テ 上でお茶
出来る
ウl;インドーの
ディスプレー
ヴァンドーム広場
ダイアナ妃が最後の食
事をしたリッツ・ホテル
がある宝石広場
セーヌ川上から撮影の
エッフェル塔
地下鉄5号線の中より
部屋の窓からの眺め
セーヌ川
ズーム・アップでやっと
見える「自由の女神」
ちょっと前にニューヨーク
でも見たわ・・






2006年11月23日小雨、14℃
パリ

ツアー最後のパリへ昨日ジュネーブからフランスの新幹線TGVでやって来た33名様と私。
今日午前中は市内観光。ランチ後はフリータイム。オフィスでのオプション精算後、小雨の中ぶらぶら。
今年6年ぶりにオープンした「オランジェリー美術館」へ行こうか「ダ・ヴィンチ・コード」で有名になった
ローズラインのあると言うサン・シュルビス教会へ行こうか・・・迷いながら歩いていたら、雨が少し
強くなったので、ルーブル博物館に逃げ込んだ。ショッピング・センター部分を少し歩き、思い出したように
逆さピラミッドへ行ってみる。いるいる・・・記念撮影をしているたくさんんの人たち。
逆さピラミッドは中国系アメリカ人建築家イオ・ミン・ペイ氏の設計。
構造設計はピーター・ライスでは関西国際空港も担当した人。

大好きなカフェVerde
紅茶も珈琲も美味しい
珈琲豆が置いてある
美味しそうな珈琲の
香りが充満している
大きな中国のお茶缶も
棚にある
カフェ・オ・レ注文したら
エスプレッソ珈琲とホット
ミルクが出た
リボリ通りからのルーブル
入口 すでにクリスマス
飾り済み
逆さピラミッドで記念撮影
している人が多かった
ダン・ブラウンの「ダヴィ
ンチ・コード」の謎の
逆さピラミッド・・・
いつもはグループの
入場口だった所
今は観光名所








2006年05月22日晴れ、24℃
ニース〜エズ 5/23からの続きはイタリアへ

鷲の巣村 エズ427m

エズ植物園からの眺め
手前が
シャトー・エズ・ホテル
Kさんの作品
素敵♪ もちろん
普段は油絵を描く方
小窓一つも素敵なエズ
大きな壷もさり気
なく置いて・・・
カワイイShopや
カフェ、ホテルもある
店先の壷に咲く
ゼラニューム
小粋な街角 ミンメイの初スケッチ
先生が「焦点どこ?」
って・・・(^m^;)
ミュシュラン1星レストラン
シャトー・エズ
白いテーブルセンターが
お高そうな雰囲気
同じホテルの
普通のレストラン
珈琲6ユーロ
約850円
そこ行くきれいな
おねいさ〜ん!
これを投げてぇ〜♪

何度も何度もせがまれる・・・
ホラッ!拾って来たよ〜♪
と、また私の前に置き後す
ざりして投げてもらうのを
待つ・・なかなか止まらない
ワンちゃんに遊んでもらった
後にランチ「えびピラフ」で
ご機嫌♪
小さなカフェでピッザ?
ペンネ・トマト・ソース
少し横からつまんで・・・
コーラをオーダーしたら、
こんな缶が来た。
今年のドイツで開催の
サッカー・ワールド・カップの
フランスの代表メンバー?





2006年05月21日晴れ、24℃
ニース〜サン・ポール・ドゥ・ヴァンス


サン・ポール・ドュ・ヴァンス

鷲の巣村の2つめは
サン・ポール
真っ赤なバラの
ギャラリー
小道の中央に寝そべる子犬
まったく人間を恐れない
ドジ先生、子犬をスケッチ
今回はまだドジは1回だけ!
カメラの忘れ物(^m^;)
日曜日でご主人さまと散歩中のワンちゃんたち・・・どの子も大人しい!
噴水より教会へ続く坂道 バラが満開 ご主人はリゾート・
スタイル♪
城門から入る
メインストリートの噴水 レストランからの眺め セットメニュー30ユーロ
スパゲティ15ユーロ・・・
レストランからの眺めは
最高のご馳走♪
マチスも描いた
素敵なおうち
Kさんも描く・・・素晴らし
い作品に仕上がる♪
ギャラリーの多い街 4星ホテルのレストラン
セットメニュー70ユーロ






2006年05月20日晴れ、24℃
エクサンプロヴァンス〜ニース


セザンヌの愛したサン・ビクトワール山945m

セザンヌの描いた山 これが左の山
サン・ソヴィール大聖堂
4〜17世紀の様々な建築様式
が見られる教会
教会の中
中央祭壇
ステンドグラス
中庭が素敵
クロイスターの柱 小さな回廊が静かで
落ち着く
ロマネスクの
キリスト・・・カワイイ!
ロマネスクの彫刻は
大好き♪
マロニエのミラボー通りと
噴水
プロヴァンスは
マルシェが似合う
市庁舎の時計塔前広場 お花がいっぱい!
ミラボー通りの
ランチ・レストラン
花市のひまわり カワイイ鈴のような花 ピンクの美しいバラ
セザンヌのアトリエ 青々とした若葉がきれい
いつもアトリエにいる猫は気持ちよさそうに昼寝中(=^・^=) ドジ先生(=^・^=)を描く
ドジ先生
ニースの海岸にて
日が沈んだニースの空
21時頃






2006年05月19日晴れ、26℃
アヴィニヨン(世界遺産)〜ゴルド

プロヴァンスの天空の城ゴルド

出発前にオーベルジュの
中庭でスケッチ中の
中嶋先生
セナンク修道院
南仏の3姉妹と呼ばれる

谷底に建つ修道院
走るバス車内より
シトー派の修道院で見学
は要予約。手前にはラ
ベンダー畑があるが、
開花には早い
プロヴァンスのきれいな
絵葉書がたくさん

中央はラベンダーが
咲いた様子
ゴルド 展望台より 街の中心地 お城と お城の横の広場
ゴルドの4星のホテル
珈琲7ユーロ1050円!
ロビーからの眺め ロビー隣のラウンジ ホテルのプール
ゴルドの街角 対岸の別の4星ホテル ドジ先生を囲む観光客 石造りの素敵な家
カフェにいたパンチパー
マ(^m^)のワンちゃん
絵葉書がきれい!
リール・シュル・ラ・ソグレ
水車のある街
プロバンスのベニスと
呼ばれる
骨董品屋さんが多い街
として有名らしい
骨董通り





2006年05月18日曇り時々晴れのち雷雨、14〜22℃
アヴィニヨン(世界遺産)


オーベルジュ・ドゥ・カサーニョ
中庭のテラスは吹く風も爽やか♪

覚えていますか?2年前のクロアチアのスケッチツアーで写真入りでご紹介した
あの楽しいドジ先生と一緒です。プロフィールの似顔絵の中嶋先生とも一緒。
今回もドジ先生はすでにカメラを忘れたり、水をこぼしたりと・・・これから楽しみ(^m^)
まずは人気のオーベルジュ・ドゥ・カサーニョで3泊。ミシュランの1星のレストランもあり、日本の雑誌やTVでも紹介されている。白いテーブルとパラソルが素敵な中庭には中央にマロニエの木が立ち、グリーンと咲き誇る花々もきれいで朝夕スケッチしていた方も多い。奥の青いプールも雰囲気がいい。出来れば1週間ほどのんびり滞在したい気分♪
大手旅行社の5〜60万円の高価なプロヴァンス・ツアーはこちらに2泊が売り。

歌で有名なアヴィニヨン
のサン・べネゼ橋
法王庁
7代の法皇様がお住まい
自転車のポリス
この後、5名のポリスが
カメラの前でポーズ
してくれた
隣町のヴィルヌーヴ・レ・
ザヴィニヨンへスケッチに
出かけた
ご馳走していただいた
海老ご飯 11ユーロ
街の中心の広場
カフェが5軒・・・
スケッチする皆様
人も車も少ないスケッチ
するには理想的な街
お花も咲き、目を
楽しませてくれた
つたの絡まる町並み 素敵なレストランもある シワがかわゆい 静かな通り
どこも絵になる 展望台からの眺め お城があるが城内の
調度品はほとんどなし
アヴィニヨンは城壁が
完璧に残った珍しい街
オーベルジュ・ドゥ・カサーニョ
プロバンスでもここに泊まる
のが売りの高価ツアーもある
街にいた犬にジッと見つめられた
こんなきれいなおねいさん
は見たことない?!
フランスパンを持つ少女が
振り返る
。うわっ、きれいな
おねいさんだ・・・って?!
お花とグリーンの多い中庭
素敵なラウンジや
優雅なミシュラン1星レストラン
中庭で本日の絵の
講評会中の皆様
ホテルのプールやテニスコート
、近くにはゴルフ場もある
先生のお部屋は中庭を抜けた
プールに近い10号室

トップ 旅プラスAtoZ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO