TOPへ

旅の空から
ラインライン

イタリア2006年
★2003年までのイタリア
★2004年のイタリア
★2005年のイタリア

2006年10月13日(金)晴天、26℃
カプリ島






2006年09月28日(木)晴天、26℃
ヴェニス

14時の満潮でサンマルコ
広場にも海水が上がって
来た 因みにこの格好では
教会には入れません!
あるホテルのロビーから
ゴンドラを眺めながら
珈琲を飲んでいた
カプチーノ
5.5ユーロ
チップ入れて6ユーロ
900円\(◎o◎)/
フリータイムの約40分
自分を取り戻す
ゲーテがいた部屋 マルコポーロのゆかり
の建物
ゴンドラ・ライド
後方はリアルト橋
ボートは犬も慣れたもの
5人で乗ったゴンドラの
船頭さんはめちゃくちゃ
イタリアーノ
ゴンドラ・ライド
お客様に撮っていただい
た写真




2006年09月27日(水)晴天、25℃
ピサ

ピサの鐘楼は今日も斜めに立っていた・・・倒れないように支えるミンメイ(゜o゜)






2006年09月25日(月)曇り、途中土砂降り、大雨、20℃
カプリ島

撮影モードのどれがいいのか悩み「高感度撮影」にして失敗!
以前はもっと単純なデジカメで撮った。あれは最高にきれいだった!
しかし、曇っていて雨も降って来ていた中で入れ、光線が弱いけど、これだけ撮れたから良しとしたい♪
昨日は雲一つない青空だったのに、波が高く、青はもちろん、白・赤も見られなかったらしい・・・

朝焼け 7時頃 ナポリ
へ向かうバスの中より
カプリ島の港より
チャーターボートで移動
青の洞窟の前
40分待って、いよいよ
小船に乗り込む
ドキドキ♪
それっ今だっと狭い穴
へ入る。手も顔も体も
船から出ないように!
入る時はこんな状態
他人のお腹の上に顔を
乗せる 恥ずかしいと
言っている場合ではない
入った瞬間に振り向くと
外からの光線に目が
くらみそうになる
真っ暗中、目が慣れて
くるときれいな青の洞窟
内部が見えてくる
1回でたくさんの船を入
れたので、前回より写真
が撮り難い!出来れば
穴入口方向を撮影したい

お昼寝中の(=^・^=)
カプリ島の光が眩しそう

ランチのメインの
白身魚









2006年06月04日(日)晴れ、途中土砂降り、晴れ、曇り、19℃
世界遺産ナポリ〜カプリ島〜世界遺産ポンペイの遺跡

カプリ島
ウンベルト1世広場

「青の洞窟」入場不可の
ためカプリ島のグランデ
・マリーナからボートで
逆方向へ・・・
一瞬がっかりしていた
皆さんもきれいな海に
感激♪
赤いサンゴ礁がびっしり
「赤の洞窟」と呼ばれている
穴の中でKissすると一
生幸せになれるとのジン
クスを新婚さんを冷やか
し実行させ大笑い♪
展望台より、青い空と海
を眺めている観光客
ウンベルト1世広場 今日は世界の
有名人はいない?
きれいなおねいさ〜ん
可愛く撮ってね♪
タクシーもOPNE TOP ミニバスが公共の足 荷物を運ぶホテルマン ボク、これでもきれいな
おねいさんは見えるよ♪






2006年06月03日(土)晴れ、途中土砂降り、晴れ、曇り、19℃
世界遺産アルベロベッロ〜ナポリ

円錐形のとんがり屋根が可愛いトゥルッリ





2006年06月02日(金)晴れ、雨、19℃
タオルミーナ〜世界遺産マテーラ〜世界遺産アルベロベッロ

タオルミーナの5星ホテルの
プールから見たイオニア海
今朝のエトナ山3340m
と青いイオニア海
イゾラ・ヴェッラ
美しき島
フェリーに乗って20分で
イタリア本土へ
フェリーの順番待ちの
バイクに乗った人たち
世界遺産マテーラの岩窟住居「サッシ」 大雨の中の見学が終わった頃に雨が止んだ(゜o゜)
世界遺産アルベロベッロの円錐形の家「トルッリ」のライト・アップ





2006年06月01日(木)晴れ、22℃
アグリジェント〜世界遺産ピアッザ・アルメリーナ〜タオルミーナ

タオルミーナ(絵葉書)
ギリシャ劇場の観客席から見える
青い海とエトナ山

世界遺産カサレの別荘
のガイドさん
お湯を沸かしていた
場所
別荘の一部 床もモザイクがきれいに
残ることで有名
赤いけしの花が満開 ピアッザ・アルメリーナの
街を展望
タオルミーナの
ポルト・メッシーナ
ギリシャ劇場(ーー;)
晴れていたら、海とエト
ナ山が見える
霧で霞む教会
4月9日広場
エリザベス・テーラーが
カプチーノを飲んだカフェ
雨のウンベルト
1世通り 
ミンメイのお気に入りの
小道・・・ここは必ず覗く
時計の塔はギリシャ時
代の街とローマ時代の
街を分ける門が付いている
シチリアで2番目に
大きな劇場
雨でお散歩できないので
悲しい顔をしている?
左が私たちのガイドさん
右もライセンス
ガイドさん
5星、グランド・ホテル・
サン・ピエトロ
イオニア海を見渡す
カフェ・テラス
プールと海
お天気が悪く寒い
ライトをつけたロマンチックな
プール
  星も出て来た
シチリア名産の
ブラッド・オレンジ
初めて見た○○年前、
腐っていると思った!
5星のラウンジで左の
オレンジで作ったので
赤いスクリュー・ドライ
バーを飲む(#^ー^#)
11ユーロ
シチリアのカンノーロ
リコレッタ・チーズの
クリームの入った
甘いドルチェ
ジノリの食器と
ヴェネチアン・グラスで
いただいた食事は格別
なお味でした!





2006年05月31日(水)晴れ、22℃
シチリア島(パルレモ〜世界遺産アグリジェント

アグリジェントの夕焼け20時半頃

窓から見えた昇った朝日
6時半
窓から見える北の丘 地中海に浮かぶボート モンレアーレの
大聖堂正面
モンレアーレの大聖堂の
修道院の中庭
噴水はやしの木を
イメージしたもの
大きな回廊の柱は
すべて違う彫刻
光を受け
明るい回廊
モンレアーレ・カテドラル
の中庭の柱の彫刻
大聖堂前広場の
観光用のロバ車
カテドラル カテドラルの塔
シチリア名物
ブラッドオレンジと
ウニのスパゲッティ
世界遺産
アグリジェントの
神殿の谷
ヘラクレス神殿
手前の1本が2600
年前から立っている
オリジナルの柱
淡いKAOS HOTEL
ピンクのホテル
ホテルの中庭 プールは海のよう・・・ ブーゲンビリアの花が
浮かぶプール
人を待つプルーサイド
のチェアー
シチリア名物
アランチーノ
お米の入ったコロッケ 夕焼けでピンク色の空と
プールと地中海
夕陽が落ちた後
黄金に燃える西の空






2006年05月26・27日(金・土)晴れ、20℃
スケッチツアー最終日(フランスのプロバンス画像はこちらへ
St・マルゲリータ・L〜ポルトフィーノ〜ジェノバ〜パリ〜成田空港

ポルトフィーノ中央広場
もう一度行きたくてバスで行ってみた。
ホテルの正面から出ていた82番のバスで約20分
80セント(110円ほど) リグレの街から1ユーロで約30分

バスで2つ目の終点が
ポルトフィーノ

途中の入り江
バスから見える
きれいなの風景
バス停からの1本道には
郵便局もエルメス、グッチ
やアルマーニもある・・・
広場から見える教会
右の白いひさしには
フェラガモなどが並ぶ
ランチは12時半から
昨日予約済み。
席は外のみ
すぐに満席になった
予約しないと立って待って
いてもダメ・・・隣はお洒落で
リッチそうな方々だった
いろんな形のパン、
シーフード・サラダ
フリット・ミスト(シーフード
唐揚げ)
海の近くでは
これを食べなくちゃ!
ムール貝のパスタ
どれも食材の素直なお味が
出ていて美味しかった!
海老のグリル ご馳走さまでした♪
広場から港を見て左へ回り
込んだ所にあるレストラン
レストラン脇の小船
海の香りもご馳走
どこのレストランもかな
り高めだが、美味しい!





2006年05月25日(木)晴れ、22℃
St・マルゲリータ・Lポルトフィーノ

美しい港街ポルトフィーノ♪
美しい入り江に並ぶカラフルな壁を持つ建物、波に揺れる小船、高級感溢れるShopやレストラン
イタリアで一番来てみたかった街ポルトフィーノ・・・期待通りの街だった!
たくさんの観光客を運ぶ中型の船が頻繁に出入りしている港から、
広場へ進み、左方向へ上って行くと細い散歩道が高台へと導く。
約10分程のブラウン城まで、少々きつい坂道を上ると眼下に広がるのがこの素晴らしい風景
街自体は小さいが半分のShopは高級ブランド屋さん。
ルイ・ヴィトン、エルメス、グッチ、カルチェなどが世界の一流品が並ぶ、不思議な街。
レストランではなくピッザもパスタもないバールなのに、生ジュースが1000円、コーラ700円。
値段はまったく気にしない大金持ちがやって来る街、それがポルトフィーノ♪
貴族たちやエリザベス・テーラーなど有名俳優さんたちがお忍びやバカンスでやって来た。
最近はスピルバーグやビル・ゲイツも来たようだ。彼らのお泊まりは5星ホテル・スプレンデッド。
次は朝やけに輝く港と街の様子を見たい。夕陽の沈んだ後はきっと違う顔も見れるかもしれない!
どうかここは世界遺産になりませんように!これ以上観光客が増えると環境問題なども出てきそう・・・。

教会への坂道の展望台より
人口550人ほど
ブラウン城入場4ユーロ 
お花がいっぱいのテラスより
ブラウン城は絶景ポイント
この景色は一生忘れない?!
S.マルガリータ.Lより出港
平日始発10時15分のボート
復路も時間で早めに予約すること!
平日の最終往路は17時
。 
帰りはバス1ユーロでもいいかも
船は夏の週末は9時15分発もある
ホテルのコンシェルジュに要確認
Tシャツはヴェルナッツァ駅で購入
5つの街チンクエ・テッレの名前が
入っている赤いハートがカワイイ♪
お城への途中の坂道で記念撮影「もう1度
必ず来る!」と思い続けた1日
この街でどんなことになるか(高級レスト
ランで食事とか、5星ホテルでお茶するとか)
わからないので馬○にされないように一応
ジャケットを着て行った
外人さんたちは
何を着ても似合ってカッコイイけど、この街の
雰囲気を壊さないよう、「汚いアジア人」と
思われたくなかった。
リッチな家族もたくさん.
この子は自分から
近づいて来て、「見て!」
と買ってもらったばかり?
のカワイイ青いバッグを
見せてくれた!

この子達も小奇麗に・・・
と言うか、おしゃれしている
S.マルガリータ.Lの
コロンブスの像
近くの船乗り場から出航
ポルトフィーノへは是非
船で入って行きたい
たく
さんの船が出入りしていた
港に入ると観光客は
「ワァ〜オォ♪」と
カメラを持って右往左往
どうなのよっ!
船もカラフルな家も
港の空気にマッチ!
言葉にならない程美しい風景・・・世界で一番きれいな街かもしれない・・・右はサン・ジョルジョ教会
高台にあるお城より
お城の中には少しだけだが
ロマネスクの彫刻が展示
マリア様がキリストへ
おっぱいを飲ませて
いる珍しい物!
ポルトフィーノの(=^・^=)
は高貴な雰囲気?!
パンくずを食べるカモ
小さなクラゲも
プカプカしていた
犬と一緒にお散歩
する人が多い

カメラに寄って来た
中嶋先生ご指導中
陰にいるとかなり冷えてくる
のでたまに日向へ出る
巨匠Kさん(~o~)
冗談がポンポン飛び出す
頭の回転の早い方
Kさんの素晴らしい作品
こんなに描けたら楽しい
でしょうね〜♪
高級リゾート地にマッチした
麻の黒いシャツに白いパンツと
お洒落な服装のドジ先生。
セーターを腰に巻き、魚を
観察中?
ワニやら何やら
飼育経験あり
カワイイ姉妹
ご家族で旅行中のよう・・・

パパやママはかなりラフだったが
このままパーティへ行けそうなきれいな
服で遊びにやって来ている
CLUB MEDsの
真っ白い素敵な帆船

このような大型船は
少し離れた所に停泊。
小船に分乗し、どんどん
乗船客がやって来る
街のギャラリーにあった
ツボ・・・お花もきれい
教会の近く
湾内のレンタル・ボート
港からは各地へ船が出て
いるチンクエ・テッレへの
船もある
5星ホテルで有名な
ホテル・スプレンデッド

街の薬局前からシャトルあり
元々修道院だったようだ!
ホテルのテラスより
見えるプールと海

食事代は宿泊とは別に
朝食と他1回の食事で
1日11000円
リッチな人たちがのんびり
1日、海と太陽とともに
寝そべるプールサイド

吹く風が心地よかった
お花がいっぱいの小道
1泊シングル75000円〜
スィート・ルーム690000円
まさか1泊だけで帰る人は
いないだろう
・・・
スプレンデッド・ホテル下
の別の4星ホテルの
透き通った入り江
丘の上に見えるのが
ブラウン城
素敵な老夫婦のカップル
街を見つめていた
子供たちものんびり 青い海に白いヨットが浮かぶ
帰りのボートより
チーズのフォカッチャ シーフード・サラダと
コールド・フィッシュ
シーフード・リゾット
美味しかった♪
ミネラルいっぱいのお塩で
焼き上げたお魚
ポルトフィーノ宿泊は予算的
にも予約も大変難しいので、
この庶民的な街で宿泊して、
動くといいかもしれない。
チンクエ・テッレへも電車で1時
間ほど。ただし、直行電車が少
ない。朝は8時55分発か9時58
分発となる。復路も確認してから
行くといい。乗換えなら多い。
S MARGHERITA Lのヨットハーバーの近く
こじんまりした土地のレストラン
で新鮮なシーフードを!  
LA PARANZA
ADD:Via J. Ruffini 46  TEL:0185-283686
食後に見えた港の夜景
正面はヨット・ハーバー






2006年05月24日(水)晴れ、24℃
St・マルゲリータ・L世界遺産チンクエ・テッレ(5つの地)


ヴァルナッツァ、遊歩道からの眺め(絵葉書より)
ランチ後にスケッチをするご主人方を残し、奥様2名様とボートで世界遺産巡りへ♪

モンテロッソ
チンクエ・テッレではビーチが一番広い

ベルナッツァまで徒歩約2時間
アップダウンもあり一番きついらしい
ヴェルナッツァ
ボートからの眺め
観光、食事、スケッチ場所として最適!
コルニィリアから徒歩約1時間30分
コルニィリア
列車でも行けない
岩にはりついている街

マナローラから徒歩約1時間
世界遺産チンクエ・テッレ
(5つの街)

ヴェルナッツァからボートでリオ
マッジョーレ行きあり。途中のマナローラ
にも寄港。お昼以降の出発は
12:10、14:40、15:10、16:10
リオマッジョーレには約30分で到着。 
乗船券は広場から港を見て左方向へ進む
簡易のデスクで販売。片道:6.5ユーロ。
列車で巡る時には行き先と時間を確認。 
余裕のある人たちはトレッキングしている
5つ回ると約5時間かかる。各地で観光
や食事したり丸1日遊べるコース。
老いも若きもたくさん歩いていた。
スニーカーがあれば大丈夫
マナローラ
船が寄港
するので余裕の
ある人は降りて見学可能

徒歩はリオマッジョーレから約20分
リオマッジョーレ
ヴァルナッツァ行きの午後は
12:30、14:45、15:25、17:25発・・・
この5つの地は遊歩道で結ばれている。特にコルンィリアへは列車でも行くことが出来ないので、歩くといいのかもしれない。海沿いの遊歩道は入場料3ユーロ(どこへいくら歩いてもいい)。きっとどの街も似ていて極端には変わらないと思う。カラフルな壁の家と小船。観光客用のShop、カフェ、レストラン、お土産屋さん・・・。そんな中で広めの入り江があり、教会と要塞も中心に近い。漁船のある広場から淡いエメラルド・グリーンの海底も透けて見える。ベルナッツァはこのチンクエ・テッレでは一番絵になる街だろう。
こんなイタリアの
電車に乗って・・・
ヴェルナッツァ駅はトン
ネルとトンネルの間の駅
駅から海岸へ1本道を進む 海岸と教会
カステロから眺めた
船着場
 
上からの教会の眺め
透き通った海!
教会内部
石造りで、木の天井
底まで見える海!
午後から泳ぐ人もいた
レストランの並ぶ
ビーチの船
教会側からの眺め
お城の塔が見える
きれいな海に
吸い込まれそう
昼頃から観光客が
かなり増えた
(=^・^=)が3匹
じっとしていた
海岸の岩場にいた
黒猫
階段の上で通せんぼの
(=^・^=)ちゃん
ぬいぐるみのような
子犬
ビーチでランチ♪シーバス
のパスタ、サラダ、コーラ
19ユーロ(2800円)なり
テーブルの上にはオリーブ・
オイルとバルサミコ酢
 
カステロより街の
中央をバックに
リオマッジョレの岩場に
いた甲羅干しの女性
リオマッジョーレ
港から駅へは中央の
トンネルを左へ
スケッチしない奥様と
おしゃべり
カラフルなボートが並ぶ 景色に溶け込むカフェ 暇そうにこちらを見る
Shopの人たち





2006年05月23日(火)曇り、22℃
ニース(スケッチツアー)〜サンタ・マルゲリータ・リグレ
朝6時にお願いしていたモーニングコールが鳴らずにフロントへ電話したが、それどころではない事件が発生していた。「君のバスドライバーが朝5時に緊急入院したよ」「ん???」「出発に帰って来れないかもしれないよ」「えっ?私のバスの運転手さんが入院したの?」出発は7時半だから、今すぐに手配したらニースのバスなら来れるかもしれない・・・遅くても8時に来れる・・・。パリとローマへの手配会社へ電話して報告。バスの手配をお願いした。私と同じようにどちらもまだ休んでいたようで、最初は事の重大さに気が付いていない。こんなことがあるなんて、私だって信じられないのだから仕方ない。そして、フランス側でバスの会社5社へ連絡してもらった。しかし、カンヌ映画祭、モナコF1グランプリなどと一緒に季節柄観光客も多く、全部のバスが出払っていると回答が来たのが、約40分後。支度して、朝食レストランへ行き、先生へ事情を話す。取り合えず8時集合として、解散。結局はイタリア側のサンレモでバスが1台見つかったと連絡を受けたのが、9時過ぎ。11時には行けるようにすると言われて、11時までフリータイムとした。喜んで買い物へ行く方、スケッチする方、ロビーでおしゃべりする方・・・続く!これは「旅の事件簿」へ入れようかな・・・5/24ミンメイ








2006年04月05・6日(水・木)晴れ、15℃
羽田空港

成田空港からバスで移
動して泊まったのは第2
ターミナル直結のホテル
窓から夜の空港が見える
朝8時発の鹿児島行きの
飛行機で帰って行った母
と剛君。 一人残ってお
昼までTV見たり新聞や
本を読んでウダウダ・・・
部屋の窓から近い
ゲートに入った
ポケモン・ジェット

奥の白いのは飛び立つ
飛行機
ピカチューが可愛い♪
すぐ奥には海が見える

剛君自分の荷物を
ホテルに忘れてミンメイ
おばちゃんが送る(^m^)





2006年04月04日(火)晴れ、21℃
ローマ

ホテル近くのピッザ屋さん
LA GALLINA BIANCA
TEL:06-4743777
ピッザの釜がある
ランチ:12時〜15時、
19時30分〜23時30分オープン
前菜のブッフェ 叔母のチョイス
焼き茄子が甘くてトロリ♪
おすすめピッザ またまたたけし君はお肉 ボンゴレ・パスタ ティラミス
スペイン階段前のカフェ
の2階より
スペイン広場の噴水  
広場の工事は終わりきれい!
パトカーの間でおしゃべり
に夢中のポリスたち
スペイン階段にて
コロッセオ  チャーター
した車の中より
 17時過ぎ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
が手を振るフィミチーノ空港
今日は6人乗りのベン
ツでお見送りのパウロと
パウロのママも空港で
お仕事中だった




2006年04月03日(月)晴れ、20℃
ローマ
朝7時半出発で鹿児島と姉妹都市のナポリとポンペイの遺跡へ行った3人。私はホテルのお部屋で掲示板のレス入れと持参の宿題をしていました。18時半過ぎに戻って来たので、少し休憩して一緒にタクシーに乗ってポポロ広場へ行き、スペイン広場まで散策。最後の晩餐はたけし君リクエストのピッザを食べました。帰りはタクシーに夜景観光をお願いして、バチカンのサンピエトロ寺院〜フォロロマーノ〜コロッセオを回ってホテルへ戻って来ました。夜景がとってもきれいでしたよ。ホテルでは皆疲れて22時前には眠っちゃったけど、私は2時までかかってyはっと宿題をメールで送りました。それは日本の4月4日の9時でした。あれで大丈夫だったのかなぁ〜?!

ポポロ広場の双子教会
左の教会に中
たけし君のリクエストで今夜もハム・ピッザマルガリータ? 聖母マリア様の記念碑 サンピエトロ寺院の柱
食後はタクシーの運転手さんにお願いして、夜景ツアーへ
夜のライトアップがきれいなバチカン市国のサンピエトロ寺院は昨日の前法王様の1周忌でまだお祈りの歌が響いていた
昼間の顔と違う天国の鍵を
持つサン・ピエトロ
昨日開催の前法王様1周忌
で、世界中の人が嘆きの日
ポーランドの人々の祈
りの声がこだましていた
コロッセオの夜景も
素敵!



2006年04月02日(日)晴れ、18℃
フィレンツェ〜ローマ

ウフィッツィ博物館の行
列・・・我々はすでにチケ
ットを持っていたので、
一番に入場(*^ー^*)v
ベッキオ橋
ピッティ宮殿から渡り廊下が
ウフィッツィまで続く
今日はフレィンツェ市民
マラソン大会の日。
ベッキオ橋を一番の選手
が走って来た
叔母が買ってくれた強烈な若
葉色のセーターを着て・・・
朝9時過ぎの静かなアルノ川 イノシシの鼻をなでなで
口にコインを入れたお
呪いはなかなか入らず
ガックリ
サンロレンツォ教会の
皮露店
皮・ストール・アクセサ
リー屋さんが並ぶ

露店ストリート
たけし君がパパのカード
で買った(^m^)PUMAの靴
今夜から2泊の4人部屋
はウィルチェアー用で、
シャワーにもスムーズに
アクセス可



2006年04月01日(土)晴れ、20℃
ローマシエナ〜サンジャミアーノ〜フィレンツェ


ミケランジェロ広場より

シエナのドゥモォ ドゥモォ内部(有料) 正面を振り返る 床のモザイク
モザイクの床を修復する
職人さん
ピサーノの彫刻 ミケランジェロ作? 出っ歯のワンちゃん
美味しいピッゼリア
地元の人おすすめ
Ristorante Pizzeria Il VerrocchioI
カプリチョーザ
薄いピッザでサクサク
MAPです!
マルガリータ
Via Logge del Papa, 1/3
Tel.: 0577 284062
ポルチーだけのリゾットは
お米が食べたい母のリクエスト

世界遺産シエナ
カンポ広場
広場には学生さんが
いっぱい
ブブリコ宮殿と
マンジャの塔
トスカーナの大地
世界遺産サン・ジャミアーノ
サン・ジョバンニ門
ワインとイノシシが・・・ 陶器の飾り物 塔に上っていない
ミケランジェロ広場より
アルノ川とベッキオ橋
ベッキオ宮殿とドウモォ
世界遺産のフィレンツェ
時が止まったかのよう
お部屋からの眺め
サンタ・ママリア・ノベッラ
教会
ミケランジェロ広場の
ダビデ像のコピー
1886年創業BUCA MARIO
にて本日のディナー

12:30〜14:30、
19:30〜22:30オフ:水・木
ドア1つの入口からは
想像できない広さを持つ
が、
満席で9時には外で待つ人も
ほどの人気レストランいた
廊下に面したワインセラー
この奥にも部屋がある

TEL:055-292234
フィレンツェ名物のビフテカ
一人分600g最高に美味し
かった♪オリーブ油とお塩
コショウでいただきます
母のリクエストのリゾット 大きなワンちゃんが寄って来た ドゥモォ前のパトカー
10年前の155モデル
春のバッグと靴が並ぶ



2006年03月31日(金)晴れ、20℃
ローマ


パラティーノの丘

母と叔母、甥っ子のたけし君と車をチャーターして、10時から16時半まで古都ローマ巡り♪

朝のお散歩
共和国広場
サンタ・マリア・デリ・
アンジェリ教会
サンタ・マリア・
マジョーレ教会
ローマ4大教会の一つ
バチカン市国
サン・ピエトロ寺院
セキュリティ・チェックの
長い列
天国への鍵を持つ
サン・ピエトロ
スイスの兵隊さん
背が高くて素敵♪
アルファ・ロメオのパトカー
最新モデルの156
フォロ・ロマーノ 甥っ子のたけし君と♪
コロッセオ
真実の口
アベンティーノの丘 この鍵穴から覗く・・・ 鍵穴の向こうは並木道 さらにその先に見える
のはサンピエトロ寺院
「ベン・ハー」でお馴染
みのチルコマッシモ
パラティーノの丘
遺跡の丘
ランチは古代ローマ時代の
市場跡に面するレストラン
レストランにてランチ一人30
ユーロは高いが美味しかった
たけし君の大好きな
カルボナーラ
ミンメイの大好物
ペンネ・アラビアータ
鶏肉のメイン
RISTORANTE ULPIA
イカと海老のフライ
トレビの泉 トレビの泉へコインの
正しい投げ方
フィオーリ広場の
チューリップ
パンティオン
今日も大勢の観光客が
ラファエロのお墓 パンティオン前のカフェ ナボーナ広場 似顔絵を描いてもらう
叔母
スペイン階段上のトリニ
タ・ティ・モンティ教会
スペイン階段の上から
眺める夕陽
牛肉の生ハムとチーズ
MINちゃんからいただいた
ミールクーポン、サンキュ♪
海の幸のカルパッチョ
海の幸サラダ
柔らかくて美味
ミニイカのポルチーニ
茸風
りんごと青菜のリゾット
甘いけど美味しい♪
ブロッコリーと白身魚の
フットチーネ
牛肉の薄しゃぶしゃぶ 手打ちフジッリパスタ
かぼちゃの花トリュフ風味
スズキの切り身のラデッ
キ菜とシャンパン風味の
季節野菜付
PORTO DI RIPETTA
06−3612376
Via Di Ripetta、250



2006年03月30日(木)晴れのち曇り、18℃
成田〜ローマ
たけし君の小学校卒業旅行はローマ♪

私の母、叔母と4人の旅行の始まり!

一緒に行くっとBagに
入るなまらちゃん
初出国したたけし君
出国審査場通過直後

4月1日より中学生
機内でワインを持って
2階席の一番前に
陣取る
鹿児島からやって来た母の
手作り弁当・・・機内食は
2回とも食べず♪




2006年03月26日(日)晴れ、18℃
ローマ

THE DUKE からEDENまで
シャトルバスで移動して、ベネト
通りへやってきた
ハードロックカフェがローマにも
ある この写真の正面には
アメリカ大使館がある
4つの噴水の交差点
クワトロ・フォンターナ
美術館 ローマの休日でも
利用された宮殿
ベリーニ広場 ベルニーニのトリトーネの噴水 ローマで最高級ホテルの
ハスラーとスペイン階段のTOP
にあるオベリスク
スペイン階段のTOPからの
眺め  奥にはサンピエトロ寺院
のクーポラが見える
今日は9時からローママラソン
が行われていた。
スペイン広場を通過する参加者
LIVEでTV放送していた
グラデユエーターの格好を
した人が衣装が重そうに走る
スペイン階段の上にはこんな
素敵なcafeがあった!
本日は5名でランチに来た
ミール・クーポン12000円♪
付け出し アンキモ
お刺身の盛り合わせ サーモン テンプラとお味噌汁、お香の物 デザートはフルーツ




2006年03月25日(土)晴れのち曇り、18℃
ローマ

新枢機卿は法皇様より指輪授される
初めて法皇様を見て大感激♪

大勢の人で埋め尽くされ
た広場
赤・白・黒の衣を纏った
神父様がたが並ぶ
大きなテントの下の奥に
法王様がお座りだ
教会の後方では大スク
リーンで様子を放送
スイス兵が法皇様を守る
ミケランジェロ・デザイン
と言われる制服
スペイン広場と賑わう
コンドッティ通り
マリア様像
スペイン広場の隣のタク
シー乗り場のある広場
スペイン広場の上の階段
の手すりの穴より
いろいろと乗った前菜 パスタ2種類 煮込み牛肉とポテト ホテル・ロビーのユリ




2006年03月24日(水)晴れのち曇り、15℃
ナポリカプリ島〜ローマ


ベスビオ火山に朝6時半頃上る朝陽

ボートでナポリ港から
カプリ島へ
街から眺めた島内
波が高く、青の洞窟への
ボートは欠航していた
カプリ島を小型チャーター
ボートで出港
赤い洞窟  赤い珊瑚が
いっぱい岩に張り付いて
いた
別荘が見える岬  大波
の中で揺れながら撮影
ここにも大金持ちの
別荘が・・・
フェラリオーニの岩々 
大揺れのボートより
この中をボートで抜けた!
CAPLI MOON レストランの中庭 赤いブラッド・オレンジ・
ジュースとサラダ
メインは可愛いタコ♪
カプリ島は別名「レモン島」
とも呼ばれる・・・
カプリ島の港町 ウンベルト1世広場 市庁舎と広場





2006年03月22日(火)雨のち曇り、18℃
フィレンツェ(ユーロスターに乗る)〜ナポリ(ポンペイの遺跡)

フィレンツェ駅で見た
あの話題のセグウェイに
乗ったポリスの二人。
追いかける・・・
思わず「写真撮ってもい
い?」と聞き正面から
撮影!遊んでいるみたい
にしか見えないこの姿
ポンペイ遺跡の入口より
「うわ〜っ」と眺める皆様
柱だけが残る 裁判所跡 ポンペイの中心地跡
犬のモザイクで有名な玄関
を持つ大金持ちの家へ・・・
中庭にもある神棚
色がまだ残っている
遺跡では犬がいつも一緒 奥にはベスビオ火山が
見えるはずだった・・・
22階の部屋の眺め ヌオーボー城 王宮 ナポリ港も見える



2006年03月09日(木)曇りのち晴れ、14℃
フィレンツェ〜ピサ〜ヴィンチ:芸術作品を巡る
アカデミア博物館(撮影禁止)〜ピサのドウモォ〜洗礼堂〜ピサの斜塔〜ヴィンチ村

メディチ家最後の女性 サン・ロレンツォ教会 中央市場内のワイン屋さん チーズ屋さん
カラフルなドライ・フルーツ 形もいろいろで可愛いパスタ ハム類 ポルチーニ茸
ピサの斜塔とドウモォ ヴィンチ村のサンタ・
クローチェ教会
洗礼を受けた教会のある
ヴィンチ村
お城だった博物館と
教会の塔
「ダ・ヴィンチ・コード」で出て来る
ウィトルウィウス的人体図の模型
村のインフォメーション
左の模型はこの広場にある
小雨が降りしっとりした小道 奥には博物館がある
ヴィンチ村の静かで素朴な家々
レオナルドの父は4回結婚、兄弟12人の長男だったが、独身を通した
1452年4月15日誕生したレオ
ナルドの生家(アンキアーノ)





2006年03月08日(水)晴れ、10℃
フィレンツェ:芸術作品を徒歩で巡る8時間(゜ー゜;)
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会〜共和国広場〜ベッキオ橋〜ピィッティ宮殿
(パアラチーノ博物館)撮影禁止〜ドウモォ〜シニョーリア広場〜ウフィッツィ博物館(撮影禁止)

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 ベッキオ橋 橋の上から見た
ウフィッツィ博物館
ピッティ宮殿からベッキオ橋を
DINO
Via Ghibellina、47
055-241452
きれいなレストランで俳優の
三田村邦彦さんもいらした
記録があった
ラビオリ
ほうれん草が入ったパスタ
タラの仲間の白身魚
トマトソース
ウフィッツィ博物館からの眺め
ベッキオ宮殿(市庁舎)
ドウモォ後方のワイン屋さん
日本語話す人がいた!
サンタクローチェ教会前広場
ミケランジェロのお墓がある
洗礼堂、ドウォォ、
ジョットの鐘楼





2006年03月07日(火)曇りのち晴れ、15℃
ローマ〜シエナ〜サン・ジャミアーノ〜フィレンツェ

マンジャの塔(世界遺産シエナ)

サン・ドミニコ教会より
85mのマンジャの塔が見える
世界遺産シエナの美しいカン
ポ広場は扇方になっている
鳩が遊ぶガイアの噴水 市庁舎のマンジャの塔
 500段の階段で上る 
まだ2月末のカーニバルの
お菓子をカンポ広場の
小屋で販売していた
ポリスが食べていた。そして、
美味しいから食べろと・・・
4個で1ユーロ
ランチはカンポ広場に面した
レストランにてランチ。
壁にはパリオ祭の様子が・・・
明日は女性の日
ミモザが売られていた
田舎料理でパンの入った
ベジタブル・スープ
胃に優しい
チキンの骨付きとポテト サン・ジョバンニ門より
世界遺産サン・ジャミアーノ
へ入る
世界遺産サン・ジャミアーノは
塔の街で有名
13〜14世紀には72もの塔が
立ち並んでいた街 丘より撮影
現在は15本のみとなった グロッサの塔はポポロ宮殿
に属し、上ることも出来る
商業、貿易で栄えた中世
の街がそのまま残る
チステレナと呼ばれる13世紀
の貯水槽が中央に残る広場
三角形のチステレナ広場
の13世紀の塔
ミケランジェロが好んで飲んだと言われる
「ベルナッチャ・ディ・サンジャミアーノ」
お土産屋さんにはイノシシの
置物が多いのは何故?
4月1日にはわかるかな?
ミモザの花が満開
3月8日は女性の日
お花やさんもミモザをきれい
に, アレンジして販売
女性に贈る日が明日
ポポロ広場にいた
可愛い女の子





2006年03月06日(月)小雨のち晴れ、15℃
ローマ(芸術作品を徒歩で巡る)
ヴァチカン博物館〜ラファエロの間〜システィーナ礼拝堂(撮影禁止)〜サンピエトロ寺院
〜ナボーナ広場〜パンティオン〜スペイン広場


ラファエロのアテネの学堂(バチカン博物館内)

ヴァチカン博物館は今日から
グループは8時と夏時間の
OPENとなった。
天井も素晴らしい回廊
回廊の床の青いのはラピス
ラズベリーのモザイク!
1世紀の床のモザイクに
ため息!
壁画も素晴らしい!
フラッシュ無しなら撮影OK
ラファエロの間にある
「アテネの学堂」
1900年前のモザイク画を
踏みしめて歩く
1cm角の色石(大理石)で
模様を作成するモザイク
システィーナ礼拝堂から
再び絵画館へ行くために通過
した美しい天井画の図書館
絵画館への途中のピオ・クレメ
ンティーノ博物館にて
回廊の天井の美しさにまた
モードを変えて撮影
サンピエトロ寺院内部の
中央の天蓋もベルニーニ作品
この下にサン・ピエトロは眠る
レストランは白いバラの花で
お迎えしてくれた
アサリ(先日問題になった
しじみではない)
スパゲティ
間違って出された舌平目
驚いて確認するとレストラン
側のミス・・・ラッキー
(~o~)v
海老のグリルが元々のメニュ
ーで、ランチからメインが二つ
となって、大喜びされた!
LA ROSETTA  デカ・プリオ
も通ったお店。かなり前に2
名の方と一緒に行った
裏の入口前はテラスになって
いる。とても美味しかったと
覚えている
低い位置にある遺跡・・・
紀元前の土地の高さがわかる
競技場跡の
ナボーナ広場にて
ベルニーニの作品
4大河川の噴水
サン・ルイジ・ディ・フランチェー
ジ教会  カラバッジョの
三部作がある
パンティオン2000年前の神殿
ラファエロのお墓もある最近、
丹下健三さんも骨を収めたと
聞き驚くが、建築業界の
方々の驚異の建物ではある。
ジェラートの有名な
ジェラッテリア・デラ・パルマ
パンティオンからすぐ






2006年03月05日(日)曇り時々小雨、13℃
ローマ(芸術作品を徒歩で巡る)
サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会〜コロッセオ〜フォロロマーノ〜
カンピドリオの丘〜トレビの泉〜ボルゲーゼ博物館
(撮影禁止)〜サンタ・マリア・デラ・ヴィットリア教会


ミケランジェロのモーゼ像

サン・ピエトロ・オン・ヴィンコリ
教会 7時半OPENだが昼休有

午後は15時半から
聖ペトロが繋がれていたクサリ
祭壇下にあり、近くまで寄れる
2.35mのモーゼ像
ミケラジェロの傑作品
祭壇の右手にある
モーゼに角があるのは怒り
のためと言われる

手には十戒の石版を持つ
ローマ大学はたくさんの学部
があるので有名
コロッセオ 紀元80年頃完成
円周527m高さ50m
外壁も見えるので、壁は2重
になっていたのがわかる
3月1日より予約時間で入場
出来、オーディオガイドだけで
説明可能に変更となった
コロッセオ内部 猛獣がいた地下が丸見え コロッセオの2階より
フォロロマーのが見えた
フォロロマーノの向こうにはエ
マニエル2世祈念堂が見える
コンスタンティヌズの凱旋門
315年建立
コロッセオの2階から見えた フォロロマーノを歩く
ローマの政治経済の中心地
アントニウスとファウスティーナ
の神殿141年
シーザー神殿
跡紀元前29年
内部には花が添えてあった 奥のカンピトリオの丘
まで歩く
セヴェルスの凱旋門 203年
高さ21m
ローマの休日でアン王女と
新聞記者が出会うのはここ
カンピオの丘より下る時に見
える正面の建物のTOPは
ソフィア・ローレンのお住まい
今回のミンメイの食べたジェ
ラートはメロンとミント
上のクリームはおまけ(^▽~)v
フォロロマーノから上った
カンピオ広場近くの水飲み場
蛇口を手で塞ぐと上の穴から
水が出る仕組みに驚く!
ボルゲーゼ博物館は予約制
17世紀のバロック宮殿
ラファエロの絵画1506年
ボルゲーゼ枢機卿の別荘の
公園内にある博物館の一つ

ベルニーニの有名作品
ベルニーニの素晴らしい作品
がたくさん展示されている
4体は絵葉書より
サンタ・マリア・デラ・ヴィット
リア教会(左下)の内部にある
ベルニーニ
の彫刻
サンタ・マリア・デラ・ヴィット
リア教会はバロックの巨匠
ベリニーニの作品がある
天井のフレスコ画もバロック
ベルニーニの弟子デ・
ロッシが描いた
19時半頃のカンポ・デ・
フィオーレ広場 地動説を
唱えて処刑された
ブルーノの銅像がある
シーザーが殺害された
紀元前の劇場跡がある
カンツォーネ・レストラン
パン・クラッツィオ
とても美味しかった
ペンネ・アラビアータ
牛肉の煮込み レストランの1階 地下の部屋





2006年02月22日(水)曇り時々小雨、15℃
ミラノ


エマニエル2世ギャラリアにて大スクリーンにて
冬季トリノオリンピックのTV放送中(LIVEではない)
まったく盛り上がっていないイタリアの各地
ポスターは1枚だけベローナで見ただけ

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」
のあるサンタ・マリア・デッレ・
グラッツェ教会のチャペル
キリスト像のある
チャペル
柵の間から見える
絵画に目が行く
スカラ座広場
ダ・ヴィンチ像
ドウモォの彫刻
足がピカピカ!
ドゥモォ裏側から見ても
きれいなゴシック建築




2006年02月21日(火)曇り時々小雨、15℃
ヴェニス


今朝の11時半頃のサンマルコ広場にて

普通にこんな感じで歩いている
カップルのもう一人は左側にいる
きれいな衣装がとても
広場fで目立っていた
リアルト橋手前にいた
2匹のワンちゃんと一緒♪
リアルト橋の上で会った
人たち
ウィンドーにあった仮面 小運河にゴンドラが浮かぶ リアルト橋とゴンドラの
お兄さん
リアルト橋から市場への
屋台の道
魚市・・・この大きな魚は何?
カジキマグロ
安いのか高いのか・・・ 野菜市  不思議な野菜
ロマネスコ種のカリフラワー
細いおナス 「フジ」のりんごがあった! サラダでよくでるお野菜
トレビス
リーク
葉たまねぎ?
フィノッキオ(ウイキョウの1種)?
花ズッキーニ アンティーチョーク
ベローナのジュリエットの家
中庭の大勢の観光客 
あのバルコニーが見える
ベローナのアレーナ前のBar
にて、カフェ・ラテをオーダー
ミラノの夕食
サフランのリゾット
チーズが入っていてまったり
メインはいつものカツレツ
デザートはプリンのような
パンナコッタ





2006年02月20日(月)曇り時々小雨、15℃
ヴェニス

気合の入った仮装に大勢の人が囲んで撮影大会 素敵なカップルは水の都にぴったりのブルーの衣装
アーケードを歩き、窓からCafeに
いる人々を驚かせていた
スター・ウィーズ組
Cafeにて、お茶していた中世の
貴族達
こんな感じの人がたくさん歩いている






2006年02月19日(日)晴れのち曇り、15℃
フィレンツェ

ラビオリ ロースト・チキン フィレンツェの街角 ダンテの家






2006年02月18日(土)晴れのち曇り、15℃
アッシジ

サン・フランチェスコ修道院 街へ入るゲートの一つ 下の教会前の広場 アーチがきれいな広場
水飲み場 街からの眺め 糸杉が目立つ 丘より下の街を見下ろす
内容の変わらないメニュー
だが、美味しいパスタ2種
ロール・ポークのメイン 路地からの眺め レストランおすすめの
美味しいワイン
ポポロ広場の時計塔 レストランの外 THE MALL モールのCafe
GUCCIに並ぶ人々 THE MALLのメイン部分 夕食レストラン 市場の近くにある
壁画も市場の様子 これが美味しいと後輩T/C 香りの高いポルチーニ茸の
バスタ
ビッテカ・アラ・
フィオレンティーナ





2006年02月17日(金)曇りのち晴れ、17℃
ローマ

IL MOCCOLETTO
06−4201−1342
古代ローマの城壁が
市内をくるり囲んでいた
レストラン トゥイーニ
ガブリエル&トモコ

テルミニ駅から徒歩5分
学生さんメニューあり
一般は34ユーロから
セットメニューもある
店内はきれいで感じいい
12時〜23時 NON STOPで
OPENしているのが嬉しい
ミックス生ハム
11ユーロ
チーズの盛り合わせ
飲んべい後輩のオーダー
ボンゴレ・スパゲティ
ミンメイ・オーダー
13ユーロ
レストラン トゥイーニ
ガブリエル&トモコ

テルミニ駅か徒歩5分
12時〜23時 NON STOPで
OPENしているのが嬉しい
06−481−7586
Via Principe Anedeo 27








2006年01月07日(土)晴れ、5℃
フィレンツェ〜ミラノ

フィレンツェ駅にてバスから
荷物をポーターさんに預ける
ユーロスター 一等車内
無料でドリンク・サービスあり
サフランとイカ墨のリゾット
美味しかったぁ〜♪
お馴染みミラノ風のカツレツ
毎回出る!
ミラノ城
サンタ・マリア・デレ・
グラッツェ教会内部
「最後の晩餐」は付属の
修道院の食堂にあった
天井や壁画も素晴らしい
柱から伸びる部分の絵に
一つとして同じ物はない
内部から撮影
この後ダ・ヴィンチ作
「最後の晩餐」見学
予約にて15分間のみ見学可
アーケードはバーゲンセール
に突入で大勢の人が出て
いた
中央のクリスマスツリーは
スワロフスキィー提供
よ〜く見るとスワロフスィーの
クリスタルがたくさんぶら
下がっている・・・1個数千円
ドゥモォ広場から見た
アーケード入口 17時過ぎ
広場のツリーと
三日月とドゥモォのTOP
後方から見た
ドゥモォ  18時過ぎ
Ciardi は安くて美味しい
ピザ、スパゲティ屋さん
Via S. Raffaele、6
TEL:02−877704
サラダ 4.5ユーロ
多種類のお野菜のサラダ
オリーブオイル、バルサミコ
をかけて食べる
ボンゴレ・スパゲティ9ユーロ
他、ピザも食べさせていただ
いたが、モチモチで
美味しかった
上のレストランの奥にある
人気の熱々パン屋さん
長い行列にビックリ
デパートの中
人が多くてうんざり
すぐに出た
広場のツリー
大勢の人々が繰り出していた
アーケード内の
あの場所でくるぅ〜り♪
プラダ本店に並ぶ人々! 広場のツリー





2006年01月06日(金)晴れ、8℃
フィレンツェ(インペリアル・トスカーナ・ディナーの日)

独り占めのジョットの鐘楼とドゥモォ!
遮るものは何もない贅沢なカフェの目の前の風景

フィレンツェの夜景 19時半ミケランジェロ広場より

ドゥモォのファサード
サンタ・マリア・デレ・フィオーリ
大聖堂(花の聖母き)
1436年完成ブルネレスキ作
今日は一般公開なし
ドゥモォ広場 1月6日は3賢者の日
キリストが誕生したのを知った3賢者が
プレゼントを持って来た日 人間も後ろの
牛も横の柵内の羊、ロバも本物!
祭日の日のための本日だけのイヴェント
ジョットの鐘楼
1359年、84m
414段の階段で登る
ここは本日も公開
1434年完成のクーポラ
左:サン・ジョバンニ洗礼堂
中央:ドゥモォ右:鐘楼
屋上のカフェから見下ろした
共和国広場
 まだツリーがある
共和国広場に面したデパートの屋上は
ミンメイお気に入りのカフェの1つ。
特にこの隅の席が最高
ジョットの鐘楼のTOP部分
人間が見える
ドゥモォ側の一番いい席をget!
紅茶とケーキで11ユーロ
この景色は最高のご馳走!
屋上のテラスはたくさんの人で
いっぱい。日差しが強く、
コートも不要なほどだった 
アルノ川沿いの街並み ミケランジェロ広場
ダビデ像(コピー)
19時半頃
VILA COLA
5星ホテル

道路からのアプローチ
内部 ファイヤー・プレイス 大広間はとってもゴージャス!
1993年天皇陛下の
召し上がった食事を楽しむ
陶器の間にて
1993年のロイヤル
・トスカーナディナー
生ハムとフィレンツェ風
クロスティーニ
タリエリーニ・パスタ
アレルッキーノ風
フィレンツェ風ビーフ・ステーキ ズッコット・ケーキ
ホットチョコレートソース
アイスクリーム
広間でまずはウェルカム・ドリンク「ミモザ」カクテル、お席では白ワイン(ガヴィ デ ガヴィ ラ スコルカ)
、赤ワイン(キャンティ クラシコ リゼルヴァ)、シャンパン(スプマンテ・フレスコバルディ ブリュット シャンペヌワーズ)
、食後酒(グラッパ ディ モスカート)、ミネラル・ウォーターも付く 子供達には生オレンジ・ジュース





2006年01月05日(木)曇りのち晴れ、5℃
ヴェニス〜ピサフィレンツェ

ピサの斜塔 2001年より入場可
1350年完成

皆、それぞれ1ユーロ出して
チューチュートレインで向かう

楽しくて、子供になった気分
DA BRUNO 入ったら広く、
たくさんの人がいてビックリ!
知らなかったら通り過ぎそう
前菜は焼き野菜
ナスがこんなに甘いとは!
赤いパプリカも肉厚
ラザーニャ
中はクリーミーでトロリ
ポークのスライス
とっても美味しかった〜♪
ケーキ
全部美味で大好評!
ピサのドォモォ  青空に映えてきれい!
右は撮影の方向で垂直にも見える斜塔





2006年01月04日(水)晴れ、9℃
ヴェニス


波に揺れながら、静かに人を待つゴンドラ

狭いヴェニスにあるホテルの部屋はそれぞれ大きさもお値段も違う。今回、一番お高い部屋へお泊りだった方が「1100ユーロって、書いてあったよ」「160000円のお部屋に当たったんですね・・・大運河沿いでした?」「いいえ・・・」このくらいのお値段では正面に大運河は見えないらしい。あの運河沿いのお部屋はいったいいくらするのだろうと思いながら、私の510ユーロ(74000円)は最低料金かもしれないと思った。う〜ん・・・2泊ってことはあの方のお部屋はそれだけで、320000円だわ・・・

サンマルコ広場
いつもここから撮影
広場の右の鐘楼へ向かう
アーケード
朝10時頃のサン・ジョルジョ・
マジョーレ島とゴンドラ
サンタ・マリア・デッラ・
サルーテ教会と大運河
NOEMI
11:30〜24;00
日本語案内
サン・マルコ広場
犬を連れた地元の人もお散歩
サンマルコ寺院の看板
リュックもダメです!
夜になるとロマンチックな
ピンクの街灯
13時頃の広場 17時前のベニスの空 17時過ぎ
部屋からの眺め
17時半




2006年01月03日(火)晴れ、9℃
ローマ〜ヴェニス

サン・ピエトロ寺院(まだクリスマス?)

今日は朝8時前にホテルをバスで出発。寒い中、1時間10分も並んで入場したバチカン博物館。8時45分にオープンして、9時25分にやっと自分達の入場の番が来た。セキュリティー・チェックを受けて入った瞬間、「チケットが見当たらないんですぅ〜」 探していただいたがない。私の分を差し上げた。この寒さの中で1時間以上も耐えて並んだのに・・・と、涙が出そうだったが仕方がない。逆方向の出口へ進み、すぐにBarへ入って暖かいカプチーノを飲んだ。「も〜、どうして無くすかな〜?!」と思っていたもやもやした気持ちも収まった。最近、読んでいたダン・ブラウン(ダ・ヴィンチ・コード作者)の「天使と悪魔」 バチカン内部の詳しい描写があったので、今回は楽しみにしていたが、本当に残念だった。またのチャンスを待つしかない。スイス兵も出て来るこの小説で見る目を変えてくれた。昨日のナボーナ広場でのベルニーニの4大河川の噴水での格闘シーンなども思い出し、しっかり観察してしまった。ポポロ広場などもそうだ・・・もう少し暖かくなったら、ゆかりの地を巡ってみたい。

ヴァチカン博物館の行列
朝8時過ぎ 約1km
8時45分オープン
セキュリティー・チェックあり
これが以前は正式な
入場口だった
内部のミュージアム・
グッズ屋さん
スイスの衛兵さん
月収170万円なり(@_@)
真っ青な空に気持ち良さそう
な噴水と寺院
クリスマスの飾りがまだある ふらふらしていて、射手座
プレートを発見!
ベルニーニ作の柱が
並ぶ回廊
噴水とベルニーニの回廊 聖天使城まで続く秘密の回廊 寺院から続きサンタンジェロヘ
非難できる
ALLE DUE FONTANELLE
カブール広場近く
Visconty Palace Hotelより
すぐ・・・徒歩30秒
アスパラガスのスープ
日本語メニューあり
パスタ・サーモン&
キャビア・ソース
ヴェニスの夜景(機内より)
18時過ぎ

リベルタ橋とヴェネチア
5星レジーナ&ヨーロッパ
ホテル 510ユーロの部屋
1泊74000円(@_@)

160000円の部屋の方もあった
部屋のライトはすべて
ヴェネチアン・グラス

レストランのグラスも
ディナーの最後のデザート
チョコレートムース
めちゃくちゃ美味しいの!





2006年01月02日(月)雨時々曇り、晴れ、9℃
ローマ


パンティオン紀元前の建物(ラファエロのお墓もある)

イタリアのローマで
やっと初日の出を見た
ナボーナ広場 ベルニーニ作
の「大河の噴水」でも有名
「天使と悪魔」でも細かい
描写がある広場
マドンナの別荘はこのTOP
グリーンの陽除けの所
手前が「大河の噴水」
サンタ・アヨーゼ・イン・
アゴーネ教会
ユダヤ人住居地区
礼拝堂跡
マルッチェッロ劇場跡
現在でも人が住む遺跡
劇場のTOPには窓があり
人が住んでいるのがわかる
劇場の前には柱3本だけが
残る遺跡がある
ヴェスタの神殿 雨の中コロッセオ内部見学
個人は並んでチケット購入後
入場
ステージが出来ていたので
説明しやすい
グラデュエーター健闘士同士
の戦いや猛獣との戦いが
行われた
プンタレッレは冬が旬 
のお野菜とか
ペンネ・アラビアータ
美味しかった!最高!
サルティン・ボッカ
(子牛とベーコンのグリル)
イタリア名物?ジェラード
ATLANTE STAR HOTEL
レストラン  バチカンの
すぐ近くだから、眺めがご自慢!
絵葉書
高級レストランLes Etoilees
魚料理のコースを選択
小海老と野菜の気まぐれ
サラダ
セコンド・ピアット
ズッキーニの花のラビオリ
メイン
手長海老、すずきと野菜
コーヒーアイス
その後にコーヒーか紅茶
絵葉書を撮影
昼間は窓からこんな風景が
見える
夜景は最高に素敵!
手前の明るい所がレストラン
絵葉書
いただいたおみかん
名前は忘れた!




2006年01月01日(日)雨、13℃
ナポリ〜カセルタの王宮〜ローマ
カプリ島への船が欠航したので、初めて行った世界遺産「カゼルタ宮殿」
今年の夏公開「ミッション・インポッシブル3」など、映画撮影場所としても地元では有名 

世界遺産カゼルタ宮殿正面
カプリ島への船が欠航して
代替の観光
スターウォーズ2
撮影に利用された
謁見を待つ部屋
ここで撮影されたミッション・
インポッシブル3も夏公開
天井画が素晴らしい
ヴェネチアン・グラスの
シャンデリア
キリスト誕生の飾り 王宮の庭園は向こうの山ま
で3km続く
奥には滝が見える
夏に再来してみたい
急遽探してもらった
レストラン
ツナ・サラダ チーズ・ラビオリ ペンネ
メインはカラマリ
美味しかった!
レモン・ケーキ
大好評!
海岸に押し寄せる波
カプリ島への船が欠航は
これを見て納得!
白波がたつ海岸
こんな風景は初めて!




2005年12月31日(土)晴れ、5℃
ナポリ〜ポンペイ〜ソレント半島(ポジターノ、アマルフィ

部屋から眺めたナポリの街
8時頃
ポンペイの名産品カメオ 
素敵なランプに加工!
浴場の外の運動場 きれいな壁画の残る浴場
きれいな床モザイク 遺跡の犬:ジローちゃん ランチ:海老とイカのフライ ボンゴレ・スパゲッティ
ソレント半島 ポジターノ やっと太陽の光が届いた海 世界遺産:アマルフィー海岸
軒下の果物と唐辛子 アマルフィー アマルフィー中心地 海岸から山の谷間に続く街
路地の階段 海岸から街へ入る門 今年最後の食事はピッザ
ナポリ名物「マルガリータ」
ホテルの22階から見えた
港と客船
夜中の00時前からあちこちで花火が上がっていた。花火で煙ったナポリの街




2005年12月30日(金)晴れ、5℃
成田〜ナポリ

今年最後のイタリア、そして2006年最初のイタリア訪問となる今回のツアー。7組18名様で、年末年始のお高い時期にしかお休みが取れない方々ばかりのようだ。昨夜は成田のホテルに前泊した。今日の混雑に不安もあった。朝早くから出かけるのもイヤだった。今朝は8時20分のシャトルバスに乗り、成田空港へ到着。大勢の人々でごったがえしていると思っていた空港は閑散としていた。受付のカウンターで聞いてみると、もっと早い時間にはアジア線がかなり混んでいたと言っていた。今日は夕方がまたハワイやアメリカ線が混雑するだろうとの返事。チェックインを済ませ、両替をし、朝食に行った。家族連れのお客様が多い。期待を持っていらっしゃる方々に出来るだけ楽しんでいただけるようにしなくてはと思う。まだまだ時間があったが、カウンターへスタンバイの準備に行く。受付の11時半の前には全員の方々がいらっしゃった。皆様、「空いていて良かった」と・・・そう、空港も空いているが、飛行機も60席は空いていたので、好きな席が取れたようで、あちこち分散となった。12時には出国。今年最後の仕事となる。気合入れて飛行機に乗り込んだ。窓から最後の日本での夕陽を撮影。下の雪の山々もきれい!
夜10時半に到着した、ナポリの空港にはいつもの日本語の上手な夫婦が待っていてくれた。ホテルに入ったのが、23時半。明後日のカプリ島への船が欠航した場合のことなどを指示。船が出て島で「青の洞窟」が見られないなら、行かず代換の世界遺産へ行った方がまだいいのだけど、ランチ・レストランを新たに手配しなくてはいけない・・・。明日になってから考えることにしてBedへ入った。
トップ 旅プラスAtoZ




SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO