TOPへ

旅の空から
ラインライン

カナダ2006年
2004年のカナダ
2000年〜2002年までのカナダ

2006年07月11日(火)晴れ、30℃
トレイル

朝8時市庁舎表敬訪問。トレイルの議員さんたちが歓迎して下さる中で、「市長は今バカンスで6週間ドイツへ行っています」にご存知だったはずだが、あのお方が「信じられないよな〜」って・・・。皆さん、きっと同じ思いだったとは思うが、この時期に行くのだから仕方ない。市長はご両親がドイツにいらっしゃっるドイツ系の方のようだ。いつもどこへ行っても意外とあっさりの相手方。それに引き換え日本側はきちっとしているので、「カジュアルでどうぞ」と言われたのにネクタイをして来た年配の方もある。あちらはと言うと短パンの方もあり「ネクタイは結婚式とお葬式の時だけ」と笑っていた。その後は市内の最大の会社でいろんな方面へ強い影響力がありそうな会社を訪問。政治的な会議から工場見学でのBさん通訳に誰も驚いた。鉱物の説明などもスラスラな通訳のBさん。流石、日当9万円のA級通訳さん!ランチは公園でかなりラフな感じで3種類のバッフェ。当然、公園だからアルコールは飲めない。その後、フライ・フィッシングのデモンストレーションがあり、近くの町の鉱山見学へ。私は入れないために、お疲れの方と一緒に残り、アイスクリームをご馳走になった。その後もスキー場見学と住宅地の視察があったが、皆様疲れと暑さでヘトヘトのために、一旦ホテルへ戻って休憩とした。毎晩夜中までメールしたりしてお昼間の日本とやり取りしているので、ホテルの有線LANが無料で嬉しい。夜は大手会社の主催のガーデン・パーティに招かれた。バグ・パイプの演奏を前に行進して入ると皆さんが待っていた。プレゼント交換や食事が始まった。また陽気な市長代理のロマーノさんと同じテーブルとなった私。ラテン系なのでおしゃべりも楽しい楽しい!あのお方に睨まれるといけないでの、静かにしたかったが、私のテーブルが一番盛り上がっていた。そのうちあのお方から手招きされた。マズイッて思って行くと「ねぇ〜通訳してよ」と言われたのだ。政治的な話だったが、日本とカナダとの議員さんの違いや決定権があるなしの話などと私が聞いていても面白い内容で、お勉強にもなった。最後はあのご機嫌のお方に「ありがとう」と言われ、悪い人ではないのだろうな・・・と、思った。22時半頃になり、ホテルへ戻った。
明日は午後にはヴァンクーバーで日本領事館訪問の公式行事が終了する。堅苦しい内容で夜も部屋での飲み会に誘われ、自分の時間もない。睡眠時間も少なく、暑い毎日でかなり疲れている。楽しいけど、珍しく早く帰りたいと思う旅だった。!

トロントから来た優秀な通訳の
Bさん 鉱物や工場見学の
専門用語などの通訳も完璧
トレイル市の市庁舎
小さくて驚く
市の記念の建物内の
アイス・ホッケー場
大昔?のグローブと大き目の
ボール
 各スポーツ界に
優秀な選手を出している街
Teck Cominco コロンビア川
この先3〜4kmでUSA
公園で遊ぶ
夏休み中の子供
左の水遊びに
並ぶ子供たち
日本からの灯篭 鉱山視察へ 金もたくさん取れた 入れ
ないために写真を撮影
鉱山のやぐら
点線がUSAとの国境 大きなお屋敷のある地区 Teck Cominco社の
ゲストハウスにて
ガーデン・パーティ開催
八重咲きのディージー
赤い制服が素敵な
国家警察・・・
右は女性。
イタリア系の多い町で
スコットランドの人やドイツ系
の人もいる
市長さんはドイツに家族もあり
ただいま6週間のバカンス中
国家警察のセレモニー
用の征服で参加の女性ポリス
スコティッシュの
バグパイパー





2006年07月10日(月)晴れ、30℃
トレイル

国境の町にて特別許可の下撮影
左:アメリカ、右:カナダ
後方の山も境目があるのが見える
カルガリー空港でまた怒鳴られた。到着からゲートへ行くまでに2時間もかかった!まずは機械でチェックイン。その後に荷物預けのために長い列に並ぶ。これだけで約1時間半もかかったのだ。この間に覚悟はしていたが、またそのお方から叱られた。「こんなシステムが通用するなんて○鹿にしているよな。日本人もたくさん来ているんだから、何も言わない日本の旅行会社も悪いよ。旅行会社から言えばいいんだよ。お前らがちゃんと現場のことを報告しないからだよ」う〜ん、今度はそう来たか・・・もう呆れて物が言えない。「外国のことに口出しをするなんて・・・政治家なら貴方が言えば!」思いっきり言いたかった。
プロペラ機で飛んだ国境に近い山の中のキャッスルガー空港。そこから約20分で訪問地トレイルに到着。トレイル市(City of Trail)は1890年ごろにそばのロスランド(Rossland)という所に金・銅が発見されたことにより、コロンビア川の港町となった。1890年代末期、鉱物の精錬所と水力を生かした発電所が建設された。1906年には現在もその大きさを誇る「テック・コミンコ」という会社が設立され、トレイル市は大きく発展。市議会の6名のメンバーのうち5名はその会社の社員さんか関連方々だった。日本と違って自分の仕事がメインなので、ほとんど市議会議員としてはボランティア状態。年に120万円ほどしか市よりもらっていないらしい。
ランチはコロラド川のラフティング・ゴムボートの上だった。ライフ・ジャケットを着て、珍しく冷静そうな通訳さんも奇声を発してしまうくらいのスピードで走ったり回転したり。市内を案内してもらう。ワイナリーへ行ったり、、国境へも行った。アメリカとカナダの大地を踏みしめイエローラインで記念撮影。一旦ホテルで休憩して、ゴルフ場での市議会主催の晩餐会に出席。仲良くなった市長代理のロマーノさんから「ワールドカップはイタリアが勝ったよ」と聞き、喜ぶ私。「VIVA ITARLY♪」と大声で喜んでいたのが印象的。この街はイタリア系、スコットランド系、ドイツ系が多いようだ。ロマーノさんはナポリ出身。思わず「鹿児島と姉妹都市よ」と言ってしまった。「そうだそうだ〜!」と両手を挙げテンション高い市長代理。「で・・・そこはどこ?」に皆さん大笑い!
キャッスルガー空港にて
荷物が出てくるのを待つ
ロビーの絵
可愛い田舎の空港
周りは山だけで
郷愁を誘う
2色のバラの花 ラフティングのボート
かなりスピードも出て
楽しかった
ワイナリーへ ウッド・ハウス ぶどう畑 ぶどうの房
いくつも受賞したワイン
が並ぶ
プチケーキがお出迎え アメリカの国境見学へ
奥がアメリカ
地ビールは大きなピッ
チャーに入って来る
トレイルに近い町の
小さな空港
バンクーバーまで飛ぶ
きれいな芝が広がる
ゴルフ・コース

まだまだ明るい18時頃
10代の男の子がプレイ
していた
18ホール、40ドル
ゴルフ場に咲く花



2006年07月10日(日)晴れ、20℃
トロント〜カルガリー〜バンフ
トロント空港で怒鳴られた。トランクの重量オーバーの方が3名様いらして、支払うか手荷物にするかと選択を迫られ、支払うことに。それを見ていたあのお方がムッとしている。市役所での説明会の時もバスの中でもその件には触れていた。そのお方の番になったが、重いから不安なのか怖い顔をしていらした。「笑顔の方が、いいですよ」その発言にカチンと来たらしい。「そんな問題じゃないだろっ!」「そんな問題ですよ」と言いたいのをぐっと我慢して「失礼致しました」と頭を下げる私。ラッキーなことにオーバーしていたが目を瞑ってくれたカウンターの方。私が叱られているのを見ていたのでカワイソウに思ったのかもしれない。ウィンクしてくれていた。そして、全員集合した時に、あのお方にポーズとして皆さんの前で再度謝った。そうしたら、他の方が「俺はミンメイさんが最初に『笑顔とユーモア、最初にご挨拶』を実行して笑顔で『ハロー』って行ったら、35ドル取られた人と同じ重量だったけど、免除されたよ」と助けてくれた。「ほらっ、言った通りでしょ!」と言いたかった。カルガリー空港へ飛び、事件がまた起こった!荷物を乗せたバンを見て「バスに換えろよ!観光もあれで行くのか!何をケチっているんだ!」と事務局の方と私に激怒したあのお方。ランチ場所へは空港隣接のホテルだったので、徒歩でご案内。バス変更は金銭的なこともあるので事務局へ了解をもらい、現地手配会社へ電話。その間にレストランではまた別の事件が起こって行っていた。我々のテーブルがブッフェ・ラインとブッフェ・ラインの間にあったのでガイドさんと事務局へ「バイキングじゃないのに、どうしてこんな席なんだよ!もう!」ロビーでは日本で連絡を取り合っていたmameさんとミートの約束をしていた。電話連絡などしている間にやって来たmameさん・・・お互いに初対面だがすぐにわかって「ミンメイです。初めまして・・・ちょっと今バタバタしているんですよ・・・」とロビーでお待ちいただいた。mameさんもT/C経験もあるので、ご理解いただけたようで、心配そうに眺めていらした。見た瞬間目がパッチリで可愛いくて、MINちゃんに似ていると思った。お食事中の皆様へ途中経過をお話した。努力している姿にその方は満足そうに頷く。席を別にして見えない所でmameさんと一緒に食事しようと計画していた。しかし、お客様と私のセットも一緒に並べてあり企画倒れ!食事に合流すると「美味しいよ」と言われてホッとする。そして、バンフまではそのままバンで向かい、バンフで20人乗りに変更可能となり、ご報告して納得いただいた。最後のデザートが出る頃に抜け出し、コーヒーを飲んでいるmameさんと数分間だけおしゃべり。「これは美味しいコーヒーなんですよ」と、お土産までいただいてしまった私。わざわざ車で30分ほどかけていらして下さったmameさん、本当にごめんなさい&ありがとう!また、次回はゆっくり会いましょう。私としてはカルガリーから直接レイク・ルィーズヘ行き、バンフへ戻って来る予定だった。バスへ乗り換えるために先にバンフへ先に行き、山へ登った。ゴンドラに登りは10分並び、下山になんと1時間は並んだ。45分ほどで、レイク・ルイーズに17時半頃に到着。夏なのでまだまだ明るくきれいな湖の写真も撮っていただけた。夜はサーモンだった・・・あの激怒のお方が「アルバータは肉が有名なんだよね・・・」「・・・」もう皆さんも私も無視!事務局と話をして全部了解を得て出来上がった視察旅行・・・個人の好き嫌いは通らないのは他の方は充分ご理解してていらっしゃる様子。中には「あんな我侭な人とは思わなかった」と・・・。でも「まぁ、ほとんどは皆さん我侭。今回は人のいいメンバーが揃っているよ」と女性の方がおっしゃっていた。
サルファー・マウンテンへ
のゴンドラ
バンフの街 バンフの中心 レイク・ルイーズ
氷河が見える
レイク・ルイーズ
フラワーバスケットが
並ぶホテル・レイク・
ルィーズ
夕食はサーモン
バンフの街




2006年07月06〜09日(木〜日)晴れ、26℃
トロント〜ナイアガラの滝

スカイロン・タワーからの雄大なアメリカ滝の眺め
週末は公式機関はオフのためナイアガラの滝視察へ

ある市役所から10時に出発して、成田空港へバスで移動した10名様。お蕎麦ランチ後、シカゴへ飛び、乗り継いでやって来たトロント。到着までにすでに事件が勃発。成田からの機内では「お財布がない」と騒いだ方。シカゴでのアメリカ入国に「ビジネス」と言ってしまい、別室へ連行され、私に助けられた人。やっと着いたトロントでは、最後部にいるはずの事務局の人が出て来ない。先頭を行っていた私が戻ると、入国時にスタンプ押してもらった入国カード兼税関カードを紛失して騒いでいる!「ないなら入国できない。帰ってもらう」と厳しい表情の係員。皆さんが「おい、おいっ」と呆れて見ている中・・・私は彼がとっくに調べたと思ったが、念のために一言「あの〜、パスポートに挟んで返してくれたはずなんですけど・・・」「あっ、パスポートね・・・ない、ない、ない・・・」無くすはずがない。たったの15分ほど前に入国審査官へ提出してどこにも寄っていない・・と、思っていると「あっ、あったぁ〜!」この事件と翌日のバッグ置き忘れ事件からまったく信用がなくなり、最後まで挽回出来なかった事務局の方。どうなることやら・・・と始まった公式訪問ツアー。それ以降はお天気にも恵まれ、会議も順調で旧姉妹都市のスカボロー(サイモン&ガーファンクルの歌「スカボロー・フェアー」の街)へも訪問出来き、皆さんご満悦だった。初めて見たナイアガラの滝に皆さん感激しながらも「意外と思っていたより小さかった」と・・・そう言えば私も最初にそう思ったことを思い出す。
トロント市庁舎は国際
コンペとなりフィンランド
の建築家レベル氏作
1階のロビーには日本
の姉妹都市のパネル展
が開催されていた
副市長さん他ご出席で
会議中
お昼休みのビジネス街
牛のオブジェに寄りかか
りサンドイッチを頬張る
トロント市よりご招待の
街ビルの最上階の高級
KANOE(カヌー)レストラン
ビジネスランチ中のため
私は一人ゆっくり外を
眺めながらランチ
アメリカ・カナダはどこ
にもあるアイス・ティー
ウーロン茶代わりに
パスタとサラダをご馳走
になる・・・ビジネスランチ
はサーモンだったようだ。
合併されたお隣の
スカボロー市 以前は
こちらと姉妹都市だった
旧市庁舎内
今は市民ホール
クリーク公園にいた犬
皆さんと仲良くなる
オンタリオ湖畔
かもやギースなどもいた
554mのCNタワーから見た
オンタリオ湖に沈む夕陽
シザース・サラダ
葉っぱそのまんま!
ステーキ500gとポテト
もちろん半分以上残す
夜景となるのは
21時半頃
8日(土)は公式機関は
どこもオフのため
ナイアガラの滝へ
青いカッパを着て、
乗り込んだ
「霧の乙女号」
遠くにカナダ滝
が見える
イェ〜イ(*゚▽゚)ノ
アメリカ滝の瀑布
カナダとアメリカの
国境のある橋
アメリカ滝全景 先を行く別の
霧の乙女号
スカイロンタワーより
カナダ滝
スカイロンタワーのレス
トランは回転はしない
ので滝の見える方に
席が取れたらラッキー
テーブル・ロックで
すぐそばに見える
カナダ滝
吸い込まれそう
で一歩後すざり
してしまう
本物の国家警察の
制服を着た
方と記念撮影
ワイナリー見学へ ぶどう畑 金賞受賞ワイン 案内&試飲あり
ナイアガラ・オン・ザ・
レイクの中央の時計塔
カラフルな町並み カフェでちょっと休憩 きれいなフラワー
バスケットがいっぱい!

トップス 旅プラスAtoZ




SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO